孤立期間とコミュニケーション障害と環境介入

Prolonged loneliness can transform the brain to make you MORE antisocial

タイトルにも書いたように、上記のリンク先には孤立期間とコミュニケーション障害のことについて書かれています。

具体的には、動物実験によって、孤立させた個体は、ミエリンが編成してしまったことが確認されたとのことです。

でも、孤立から復帰できれば、ミエリンの産生は元に戻るそうです。

長い間引きこもっていると、相手と共感することができなくなるといいますが、今回の研究の成果がそれに対応すると考えられます。長い間引きこもっていても、きちんと人と再び交流するようになれば、ミエリンの賛成は元に戻るとのことなので、段階的に人とのかかわりを増やしていくような環境調整は理にかなっていると主張するときの一つの根拠になりそうです。

ちなみに、英語で読むのが面倒な方は、とてもフランクに紹介された日本語版があるのでそれを張っておきますのでご利用くださいませ。

【知ってた】孤立期間が長いとコミュ障を引き起こし、社会復帰が難しくなることが科学的に証明された件

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。