WFOT(世界作業療法連盟)の基本信条を和訳してみました。

WFOT(The World Federation of Occupational Therapists )は以下を信条としています。

  1. 作業療法は、職業的な行為が人々の健康と幸福に影響を与えると考え、職業的な行為に対して価値ある貢献をしています。
  2. WFOTは、国際的なレベルでの保健、福祉、教育、職業に良い影響を与えることができます。
  3. 連盟の有効性は、他の国際機関との貢献と協力に拠ります。
  4. WFOTは、専門職の中での強みの開発に良い影響を与えることができます。
  5. 連盟の有効性は、専門的な必要性、課題、メンバーの要求に応える事にあります。
  6. WFOTは、あらゆる水準での協力、高い倫理観、相互尊重の上に成り立たなければなりません。
  7. WFOTは、率直にWFOTの目的に関連するような事柄において政治活動やその支持に従事しています。WFOTの目的に関係しない限り、、いかなる国の団体や国際的団体、あるいは国家の政治的な行動計画にも特定の立場をとることはありません。
  8. 連盟の成功はWFOT協議会の統一された強力なリーダーシップの発展と維持にかかっています。
  9. WFOTのメンバーは、最も重要な資産です。

 

普段特別WFOTの存在感を意識することはないですけど、自分の職種広く影響を与えるような団体の行動指針みたいなものは、しっかりと把握をしておくことが重要だなと、訳しながら思いました。

原文:http://www.wfot.org/AboutUs/FundamentalBeliefs.aspx

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。