裸体のダビデ像を公園設置したところ、苦情が来たとのこと

はじめに

芸術?破廉恥?

その境界線は,一体どこに?

なんてことは,きっと,昔からいろんな社会で,色々な人が提起してきた事柄なのでしょう.きっと.

公園のダビデ像「下着をはかせて」…町民が苦情

島根県奥出雲町が,ダビデ像とビーナス像を設置したところ,それに対してクレームがついたそうです.具体的には,

「子どもが怖がる」「教育上ふさわしくない」

と町議に苦情を出したそうです。

詳細は以下の通りで,

 像は、ミケランジェロのダビデ像やミロのビーナス像を模してイタリアの著名な彫刻家エンツォ・パスクイニ氏(故人)が制作。台座部分を除いた高さは約5メートル。同町出身の元建築会社社長、若槻一夫さん(広島市)が購入して、故郷への恩返しのために昨年4月、寄贈した。

(中略)

しかし、約5メートルの裸体。小中学生や家族連れらが訪れる場所であるため、住民らから町議に苦情が寄せられ始めた。「子どもが怖がる」「威圧感がある」「もう少しふさわしい場所に移設して」「(ダビデに)下着をはかせて」などの声があるという。

(2013年2月5日17時48分 読売新聞)

結局は精神年齢の問題という気が・・・

裸体の像に対して,どのような印象を持つかは,その人が,どの程度社会的に成熟した存在であるかを顕著に反映すると思います.

個人的には,

「幼い頃から一流の芸術作品に親しむことで、目を養うことができる。感性に訴えかけ、美術教育にも役立つ」

という,町長の意見に賛同なのです.

が,しかし,一方で,「子供に対して見せたくない」という意見を持つ人がいると言うことで,難しいなと思いました.

それにしたって,「パンツはかせて」は,あまりになんというか,未成熟というか,こう,何とも言えない何かを感じずには居られませんでした.

おわりに

個人的には,本来、大人になるまでに統合されていないといけない何かが、きちんと身についていない大人が多いかもしれないと感じました。

つまり,未熟な親が増えているのだろうなという印象を受けました.
が,どこまで行っても,ヒロえもんの個人的な印象であり,そこには何ら意味がない事も付け加えておきたいとおもいます.

でも,「エロス」と,「破廉恥」を分離できないことによって,社会生活上の問題は,いくつかどうしても生じてしまうわけで.

あなたは,この件,どう思われますでしょうか?

追記

なんと、本件に関しまして、本家ヨーロッパはフランスからも反響があったみたいです。

おフランスさまのいうとおりざんす。しぇー。

出雲「ダビデ像にパンツ履かせて」苦情に対するフランス人の返しが秀逸すぎる

関連:英女性器芸術家「日本で起きた猥褻論争には失望しています」

参考:http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130205-OYT1T00029.htm

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。