ファンダメンタル派は完全に沈黙状態な相場ですよね最近

5437895862_fee63dc69f.jpg

はじめに

これがあまりに面白かったので、紹介します。

デフレをせんとや生まれけむ、円高せんとや生まれけん、バブる市場どもの声聞けば、わが身さへ前倒し辞任に動がるれ。(日銀白川総裁) : 市況かぶ全力2階建

すみません。

OT関係ないです。

ですが、今後の景気、経済には関係してくると思います。

内容

日銀の総裁が辞めるのをちょっと早めた結果、株価が上昇し、同時に、円安も進行しました。

流れとしては、円安の結果として、円の資金供給が増えた結果、運用先として、証券市場に金が流れているという、たぶんそういう流れです。

根拠はないですが、多分これであってます。

日銀の白川総裁は、円高はよいことだという人でした。

で、政権が変わった結果として、安倍さんとウマが合わないのでやめることになりました。

という事なので、市場としては、円安へのトレンドが今後も協力に続くと読んだわけで、そこで、円売りが進行したというのが、根本ではないかと思います。

リーマンショックが引き合いに出されていますが、質的には全く別物ですね。

おわりに

多分、しばらく景気が良くなると思うので、タンス預金がある人は、株を始めてみるのもいいかも知れません。

円安が続いているうちは、勝てると思います。

テレビを見てないので、どのように報道されているかはさっぱりわかりませんが、ファンダメンタル的には何の意味もないです。

もちろん、グラフを読んでもわかりません。

おお、こわいこわい。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。