呼気スイッチ(空気圧を利用するスイッチ)

呼気スイッチについて

特徴

息をすったり、吐いたりすることが、そのままスイッチのオンやオフの情報として処理できる。

適用

高位頸髄損傷(C3、C4、C5)、筋委縮性側索硬化症、進行性筋ジストロフィー、重度脳性マヒ、脊髄小脳変性症末期、関節リウマチなど。

使用場面

ナースコール

車いすの操作

意思伝達のためのソフトウェアや機器と組み合わせることによって

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。