話題作、大今良時先生の聲の形に対する評価のまとめ

はじめに

話題沸騰「立ち読みでもいいから読んで欲しい」 20日発売の週マガ読み切り「聲の形」が大反響の末、あれよあれよという間に、連載決定(漫画「聲の形」 週刊少年マガジンで連載決定)した「聲の形(こえのかたち)」。

koe.jpg

©︎ 講談社 / 大今良時

面白く読ませていただきましたが、やっぱりいろいろ考えさせていただきました。なんといっても、はなしがとても、生々しい。

インターネット上では、「聲の形」について、ほんとうにいろいろな感想が見られました。今回は、それらをなるべくありのまま紹介したいと思います。

 

なるべく、作品読んでからの方がいいですけど、さすがに、もう売ってないですよね…。

買えないとか、買えるけど買わないという人は、こちらが参考になります。

「聲の形」たとえばそんなメルヘン!:ヤマカム

追記:ありました。さすが、amazonさんやで。

知らない人のための「聲の形」

2013年の週刊少年マガジン(12号)に特別読切と言う形で掲載されました。

小学校のクラスを舞台とした物語で、主人公の男の子とその同級生の難聴の女の子の話です。全日本ろうあ連盟が、監修をしてます。

この物語は、著作権に反する形で翻訳され海外でも読まれているようで、日本国内のみならず海外でも評判を博しています。きっとこーゆーことはよくある話で、人間社会ならどこでもついて回るんだろうなと思います。

さらに、詳しい情報こちらwikipedia参照

『聲の形』への批評

この記事でのメインです。

作品に対する意見で「これは!」と思ったものを、紹介できるだけ紹介してみたいと思います。

1.「リアル1級身体障害者が語る」シリーズ

『聲(こえ)の形』を読んで、リアル1級身体障害者が語る『障害者として生きる現実』-だいちゃん.com

『聲の形(こえのかたち)』を読んだ1級身体障害者の私と、喧嘩をしよう-だいちゃん.com

やっぱりこのブログは、外せないです。非常に話題になったので、どこかで見かけた方も多いのではないでしょうか。

ブログ筆者のだいちゃん氏が書く文章には、「自分の人生にはないもの」があると思います。読んでいて、非常に勉強になります。

2.聾唖者視点のつぶやきから見る聲の形

求めていたのは和解ではなく拒絶~普通学校で虐められた聴覚障害者が読んだ聲の形~ - togetter

こちらも話題でした。やっぱり、自分の知らない世界のことが、書いてありました。

そうか、やっぱり、あのマンガのあの構造のいじめは実在するんだな。

ということが、リアリティとして感じられました。重い。

結構、教師の対応が、リアルだという意見は、他のところでも見られますね。やっぱり、そんなもんでしょうね。あと、「さいごの手話が唐突」とか、「障害者は心がきれいという信仰」とかの指摘も結構勉強になります。

3.物語への違和感

「聲の形」(こえのかたち)- ありのまま。あむのまま。

2.とも関連しますが、どうもリアリティがあるところとそうでないところの落差が激しいのではないかという指摘。

西宮さん、聖人という指摘は、かなり多いですね。

4.「載せていいのか?」議論への考察

「聲の形」を巡るもの-妄想科學倶楽部

掲載を躊躇うべき理由があるとは思えないし、また同様のテーマを扱った作品が他にあっても驚くには当たらない、それぐらいにストレートな作品。だからこそ、「編集部を二分した」理由に興味が湧いた。

そもそも論として、掲載してもいいのか悪いのか、という議論が巻き起こることへの疑問と考察です。

ストレートな表現で、ストレートにありのままを書いてるんだから、特に問題ないじゃない、というスタンスから論じられており、これまた勉強になりました。

5.海外の反応

少年マガジンで掲載された「聲の形」なぜか海外エロサイトに流れ、多くのエロユーザーが感動。-お茶妖精

これも話題になってました。

海外にも、障害といじめの問題はあります。

おまけ。

「聲の形」と作者の大今良時先生について語ろうか-無駄話

原作者の大今先生のあしどりについて、非常にわかりやすく書かれています。超わかりやすいです。

あと、リメイク前のも少しだけ見れます。

話題の「聲の形(こえのかたち)」読みました!せっかくだから補聴器の話をしてみる – 1977年生まれのオタク人生

補聴器についての解説が秀逸。勉強になりました。

おわりに

まだ余裕のある方はこちらもどうぞ

【衝撃作】 週刊少年マガジン(12号)の特別読切「聲の形」(こえのかたち)は必読です。とにかく凄い作品です

疲れました。しんどいなあ。

テーマが、重たい文章を読むのって結構パワー使いますね。

また、随時追記するかもしれません。

もし、余力があれば、ひろえもんは、この話、どう思ってるのか、書いてみたいと思います。

では。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

“話題作、大今良時先生の聲の形に対する評価のまとめ” への1件の返信

  1. だいちゃん.comの管理人、だいちゃん(∀)です! ブログの感想、ありがとうございます!

    ブログ記事のURLが変更になっています。良かったらURLの変更をお願いします^^

    聲の形(こえのかたち)を読んだ1級身体障害者が語る『生きる現実』
    https://xn--n8jvce0l6c.com/entry/2014/01/13/koenokatachi_real/

    聲の形(こえのかたち)を読んだ1級身体障害者と喧嘩をしよう

    https://xn--n8jvce0l6c.com/entry/2014/01/13/koenokatachi_battle/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。