脳卒中確率算定表登場!!生活リズムと健康、年齢について考えるきっかけになるかも。

はじめに

脳卒中になる確率を手軽に算出できる、評価表が発表されました。

HDS-Rなどと同様に、手軽に算出できるのが特徴。

発症確率の算出方法

jphc_outcome181_img001.jpg

引用 10年間で脳卒中を発症する確率について -リスク因子による個人の脳卒中発症の予測システム- | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部

その他概要

 40~60歳代の日本人が今後10年間に脳卒中になる確率を自分で簡単に予測できる算定表を、藤田保健衛生大学の八谷(やつや)寛教授(公衆衛生学)らの研究チームが開発した。

(中略)

算定表は、茨城、新潟、高知、長崎、沖縄の5県で1993年に40~69歳だった男女計1万5672人を平均14年間追跡した大規模調査に基づくもので、実際に脳卒中になった人(790人)の危険因子を調べ、発症確率を求めた。

脳卒中になる確率、簡単に予測できる算定表開発 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

開発者からのコメント

「血圧や喫煙、肥満度、それに糖尿病の4つを改善すると、どれくらい脳卒中のリスクが小さくなるかも分かる。生活習慣を変えるきっかけにしてほしい」

脳卒中のリスク分かる計算式開発 NHKニュース

より詳細な情報

こちらよりどうぞ。

10年間で脳卒中を発症する確率について -リスク因子による個人の脳卒中発症の予測システム- | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部

おわりに

冒頭にも挙げたように、非常にシンプルで使いやすいので、普及する気がします。

作業療法で直接使用することがあるかどうかはわかりませんが、知っておいて損はないかもしれません。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。