WFOT初日の様子をTwitterでガッツリ覗いてみた

はじめに

いよいよWFOTが始まりました。

とはいったものの、いろいろな事情で4日間フル参加できない人の方が多いはず。

ちょっとでも雰囲気が味わえたらなー、という思いで、TwitterのWFOT関連のツイートをピックアップしてみました。

WFOT関連ツイート

おまけ WFOTとは

世界の作業療法士が一同に会して日頃の研鑽や実践、成果をやり取りする場です。

オリンピック同様の、4年に一回のビッグイベントです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ひろえもんは

いいなー

参加したいな〜

という思いを新たにしました。

盛り上がってますね〜。

このビッグイベントは、あと3日もあるのでどっかで参加できたらいいですね〜

一日だけの、参加も出来ますよ。手続きも当日すればオッケーです。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

いまなら、WFOT大会実行委員長の山根寛先生がまとめた両陛下へのご進講の内容が読めるよ

はじめに

先日、天皇皇后両陛下に中村大会長と山根大会実行委員長の両名がご進講した内容が読めます。

公開されたばかり。

無料です。

しかも両陛下とのやり取り付き。

概要

ZIZI-yama worldよりpdf形式でダウンロードできる

http://www.geocities.jp/zizi_yama60/

号外って所に

ご進講の資料

とあるので、それをクリック。

pdf形式で、ダウンロードできます。

おわりに

両陛下の向けられている視点に深く共感の念を覚えました。

同時に、課題山積みとも感じました。

今後どうして行くべきか、走りながら考え、考えながら走っていくことが必要と感じました。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

視能訓練士というリハ資格について調べてみた

はじめに

自分の見識の狭さには、日々恥じ入るばかりですが、今日また勉強不足を感じる出来事があったので戒めのために記事にして残しておこうと思います。

実は、視能訓練士って国家資格を今日の今日まで知りませんでした。

恥じ入って調べたことをまとめてみます。

きっかけ

ふとwikipediaでoccupational therapyの項目を見てました。

すると、以前見たことの無かった項目が増えてることに気がつきました。

作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるうちの一つである。厚生労働大臣免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。

from 作業療法士 – Wikipedia

最初は読み流してたんですが、「ん?」ってなったので、違和感の原因を調べるため読み直してみると、

視能訓練士(ORT)」

なる項目が。

知らんぞ、そんな資格。

視能訓練士とは

「わからないことは、まずwikipedia先生に聞け」

ってことで、おなじくwikipediaより引用

視能訓練士(CO:certified orthoptist)の定義

「視能訓練士」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、視能訓練士の名称を用いて、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査を行なうことを業とする者をいう。(視能訓練士法第2条)

視能訓練士(CO:certified orthoptist)の業務

視能訓練士法に基づき、医師の指示の下に、両眼視機能に障害のある者に対するその両眼視機能の回復のための矯正訓練及びこれに必要な検査、および(人体に影響を及ぼす程度が高い検査として厚生労働省令で定めるものを除く)眼科に係る検査(視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液などの検査、超音波、電気生理学、写真の撮影検査など)を行う。(視能訓練士法第17条)

視能訓練士 – Wikipedia より

よくよくみると、ここでは略称がCOになっており、まだその辺も曖昧なんだろうなってことがわかります。

wikipediaにはこれだけしか書かれていなかったのですが、とりあえず国家資格であることがわかりました。

ならばもっと詳しい情報があるはず。

さらに詳細に調べてみました。

職能団体発見

作業療法士には、JAOTがあるんだからと検索してみたら見つかりました。

視力|視機能・視力検査の専門団体「日本視能訓練士協会」

通称 JACO

ジャコとよむ人もいるようです。

なんかかわいいですね。

本題とはそれますが、サイトを見てもらえばわかるのですが、とても網羅的かつ機能的なサイトです。サイトマップなんか見なくても直感的にいろいろな情報にアクセスできるのでいいなーと思いました。

日本作業療法士協会のwebサイトもこーいう作りにすれ…げふんげふん

さておき、とりあえずこっからいろいろ情報を抽出してみよう。

歴史

昭和46年に制定された「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格。

平成になる前あから存在した資格らしいです。

本当に、

な ぜ し ら な か っ た。

昭和30年 2台のSynoptophoreがDr.J.R.Andersonより寄贈され、日本における斜視学がはじまる

昭和32年 視能矯正専門職誕生昭和35年斜視、および弱視の会、弱視斜視研究会発足、医療制度調査会委員発令

昭和39年 第1回ORT懇談会開催(名古屋)昭和40年厚生省に「ORT.ST等身分制度研究会」発足

昭和41年 視能訓練士講習会開催(大阪)

昭和42年 第1回ORTの会開催(岡崎)

昭和43年 日眼、視能訓練士認定試験の実施を決定、ORT部会意見書提出

昭和44年 第1回視能訓練士認定試験を施行し、85名が合格

昭和45年 国立小児病院附属視能訓練学院開校(平成13年に病院の統廃合で閉校)

昭和46年 視能訓練士法成立、第1回視能訓練士国家試験実施

昭和47年 日本視能訓練士協会発会式および第1回研究会開催(岡山)

昭和53年 第3回国際斜視学会(ISA)が京都で開催され、多数のORTが参加

昭和56年 国際視能矯正協会(IOA)に加入、日本視能訓練士協会創立10周年記念式典開催(東京)

昭和62年 第1回(通算28回)日本視能矯正学会開催(東京)

昭和63年 日本視能矯正協会解散総会社団法人日本視能訓練士協会設立総会および記念講演会開催(東京)事務局を東京千代田区に設置

平成2年 事務局を東京都杉並区に移転 東京でIOA代表者会議開催

平成5年 視能訓練士法改正

平成7年 国際視能矯正学会を京都にて開催 視能訓練士研修生受け入れ開始 (財)国際医療技術交流財団

平成9年 視能訓練士実習施設指導者等養成講習会開始 (財)医療研修推進財団日本医療技術者団体連絡会に加盟

平成13年 視能訓練士専任教員認定制度開始

平成14年 賠償責任保険制度加入

平成18年 元視能訓練士協会会長、川村緑氏 旭日小授章を叙勲 事務局を東京都千代田区に移転 視能訓練士生涯教育制度開始(新人教育プログラム開始)

平成22年 視能訓練士生涯教育制度 基礎教育プログラム開始

参考:公益社団法人 日本視能訓練士協会について|視能矯正・目の検査の専門団体「日本視能訓練士協会」

こんなお仕事

以下のような仕事をされているそうです。

眼科一般検査 … 視力検査などが含まれます。

視能矯正 … 機能回復訓練とそれに付随する検査

検診 … 3歳児健康診査など

リハビリ指導 … 補助具の選定など

視能訓練士の方は、主に眼科で働かれてるようです。

資格取得の手段

以下の3つのいずれかで受験資格を得た人が、国家試験を受験して合格すると視能訓練士としての資格を得ることが出来るそうです。

視能訓練士養成所を卒業

高校卒業後、指定された視能訓練士養成施設で3年以上必要な知識や技術を修得する。

短大卒以上で、視能訓練士養成所(1年以上)に修業

大学や短大、または看護師や保育士の養成機関で指定科目を履修したのち、指定の視能訓練士養成施設で1年以上必要な知識や技術を修得する。

外国の視能訓練士の学校を卒業

外国の視能訓練士の学校を卒業し免許を取得した者は、する免許を受けた者で、日本の養成学校で学んだのと同等の技術があると厚生労働大臣が認定した者。

ってことは今の制度でいえば、作業療法士の資格を持ってる人は、一年プラスで養成校に通えば視能訓練士の国家試験の受験資格が得られそうですね。

生産性

どれだけ点数を稼ぎだせるか?

大体100万円/月くらいになるそうです。

年間だと1200くらいかな。

参考 http://www.jaco.or.jp/app/webroot/iin/seisan.html

おわりに

高齢になってくると、いろいろな機能が低下します。

その中には、視機能ももちろん含まれるわけです。

高齢社会と言いわれて久しい日本です。

作業療法士として働くキャリアの中で視能訓練士とも、密接な連携が求められる日はそう遠くないかもしれません。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

WFOTへの一日だけの参加が可能になったみたいです。

はじめに

タイトルの通りですが、一日だけ参加したいという人のために格安料金での参加が可能になったそうです。

日本で開かれるOTの1大イベントですから、参加しない手はないですよ!

詳細

WFOTの公式ウェブサイトにてご覧いただけます。

http://www.wfot.org/wfot2014/pdf/oneday_reg.pdf

一般は20000円/日、学生さんは5000円/日

とのこと。

注意点

注意点として、支払が当日になること。込み合うと思うので、少し早目に参加できたらいいですね。

パンフレットとかの値段は含まれないそうなので、当日購入する必要があります。

それから、事前に4日分で登録してしまっている人は変更ができないそうです。

おわりに

ついに、開催まで10日を切りましたね・・・。

本当だったら、全部に参加してどっぷりとつかりたいところなのですが、

時間がそれを許してくれそうにないので、最終日一日だけでもがっつり参加したいな

なんて考えております。

このサイトをご覧の皆様にも、どこかでお会いできるかも?

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。