昨日学んだ作業療法の極意

作業療法における

目標地点の置き方

具体的実践

どちらに縛れてもいけないし

どちらも大切にしないといけない

適切な具体的実践を生み出す為には

適切な目標が必要

そして

いくら適切な目標があっても

適切な具体的実践がなされないなら

それは絵空事

自転車の両輪のように

しっかりと

リズムよく

そうすれば

きっっと、作業療法は加速度的に前進する

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。