自分に出来るやり方で、自分なりにやったらいいを大切にするのが作業療法

作業療法のあり方としては、とりあえずやってみる

やってみせる。

うまく行ったらおっけー

うまく行かなかったら、

なぜうまく行かなかったのかと検討して

修正して

もう一回挑戦という

試行錯誤だったり

最近の流行で言えば

PDCAサイクルにあてはまるような

そういう一歩ずつ前進的なやり方で挑戦していくのが

良いんだろうなという感覚を得ております。

これって人生の基本ですよね。

何かやりたいことや、やらなければ行けないことがあったら

それに向かって

実践と修正を重ねていく訳でして。

そういう意味では、作業療法って特別な事をしている訳でないんだなあ

としみじみ思う次第です。

こんな話がたくさん出来るといいのだろうか。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。