中国で人間が、遺伝子変異を扱う技術が誕生。改造人間まったなし?

仮面ライダーは、さすがにもうしばらく登場しないと思いますが。

しかし、作られた天才というのは誕生するかも。

作業療法とはあんまり関係のない、遺伝子に関する技術のニュースが面白かったのでご紹介します。

中国で、論文化されたその技術を使えば、

病気に関係するような特定の遺伝子をピンポイントで除去したり、

優秀な遺伝子と既存の内容を置換するような遺伝子技術に関する論文が発表されました。

おおまいごっっど。

神の存在をまた一つ揺るがす技術が開発されたということで、欧米でも大きな議論になっているようです。

一般庶民には関係のない話ですが、お金持ちの人々であれば遺伝子系の難病を治療できるようになる日もそう遠くないのかなあと思いました。

中国はこれをビジネスにするだろうから、日本や欧米が倫理云々かんぬん入ってる間に技術力に差が出るかもですね。

ソース

http://www.asahi.com/articles/ASH4T5QFYH4TULBJ007.html

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。