これからの作業療法って、マネジメントが中核

学生時代からずっとおもっていたことだけれど、尊敬する先輩がやっぱり同じ考えだったので、遠慮なく書きます。

作業療法は、やっぱりマネジメントができてなんぼです。

ドラッカーのマネジメントのエッセンシャル版が一世を風靡したあのころ。

「真の顧客」はだれかという文章が忘れられない。

作業療法の真の顧客は、ドラッカー先生流に分析すれば国ということになる。

保険の仕組みのおかげで、国民は3割しか医療費を負担しない。

残りの7割は国が面倒見てくれる。

ドラッカー先生は、サラリーマンの本当の顧客は目の前のお客さんではなく、経営者であると喝破してた。

そう、結局、医療保険や介護保険の上に成り立っている作業療法っていうのは、国がいなくなったら成立しないものであることは間違いなくて、そういった意味において、作業療法の顧客はドラッカー先生流にいえばやっぱり国ということになる。

そうではなく、きちんと目の前の作業療法を必要とする人に、作業療法士として向き合いたいなら、保険の仕組みがなくなっても、きちんと顧客獲得ができるような、そういう仕事の仕方を模索しないといけないと思う。

ぶっちゃけ、病院の作業療法って、稼ぎ頭になってるのは間違いなくって、それゆえ今は経営者から重宝されている。

でもそれだけになってしまうと、まちがいなく点数が改正されるあおりをもろに受けることになる。

今後、医療費や介護報酬が増えることは絶対にない。

何とか増えないように押さえていかなければ、国家財政がもたないからだ。

となると、キチンと結果を出せないものには、お金がだされない仕組みになっていく。

あるいは、数値化できるようなリハビリテーションの結果を出していくことを強く求められるようになっていく。

そうしたときに、一から十まで全部自分でできる作業療法士になっておいたほうが良いと思う。

ぶっちゃけ、医療費を削りたかったら、病院が中抜きする余地をなくせばいい。

作業療法士や理学療法士に開業権を認めるのが一番、無駄なお金が無くなるし、能力のないセラピストを競争原理によって排除することができる。

もし、今後そうした流れになっていくとしたら、作業療法は評価や介入を行うだけでなく、マネジメントや関係調整などを行う能力をしっかり磨いていかなければならない。

むしろ、作業療法は、分析しなければならない変数も、扱う変数も非常に多くて、それらをどのように統合するかということもかなり重要になる。

あるいは、どのような職場で働くかにもよるけれど、職場のなかで作業療法士は自分ひとり。

それでも、周囲からは専門性を発揮して価値を生み出すことを求められる。

そんな状況は今後ますます拡大していくものと考えられる。

作業療法の顧客を国ではなく、きちんと目の前の対象者に引き戻すためにも、まずはきちんと結果をだして、国のシステムに頼らなくてもやっていけるような価値の構築に努めていく必要がある。

これからの作業療法士には、基礎臨床能力のみならずマネジメント能力も必須となっていくことは、ほぼ間違いない。

そう思うのでありますが、あなたはいかがお考えでしょうか。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です