作業療法士が怪我をしてADLが制限され、QOLが低下した事例【ICF編】

筆者が肩をやっちまって、日常生活に支障が出ているので、作業療法目線で報告する。です。

作業療法対象

筆者。

主病名

烏口腕筋損傷疑い(自己評価なので違うかもですが・・・)

受傷時の状況

屋内の滑りやすい場所で転倒。

その際、目の前にあった手すりを、肘関節及び手首をほぼ伸展した状態で、つかむも、全体重の負荷が一挙に肩関節に伝わり

「ゴリボリゴリっ」

と、鈍い音がして損傷。

心身の状態、現在の状況

上肢を挙上すると疼痛(++)

「なんで怪我なんか」と抑うつ傾向

活動制限、生活上の困難(現状において)

・更衣動作がしたくない。

・車の運転が本当に苦痛

・家事動作がただでさえ面倒なのに、さらに億劫に

・Apple Watchで支払う時に、肩を挙上しないといけないので苦行

社会性(参加)

・通勤、余暇活動(特に運動)、支払いが本当に苦痛

・外出意欲の全体的低下

リハゴール

・余暇活動の運動が不快なくできるようになる

介入

湿布やら塗布薬を併用しながら除痛

痛みがあったら辛いので、対処療法

マッサージや無理のない範囲の運動で、血流を促進し、自己治癒を高める

おまじないみたいなものだが、血流大事

支払い方法や家事動作のフローを見直して、無駄な動きを削減する

支払いは、Apple Watchの代わりにクレジットカードを使用しお釣りを受け取らなくてもすむようにする。

洗濯と洗濯干しが一番苦痛なので、こまめに洗濯し、一回量の洗濯物を減らす。洗濯物を低い位置に干せるように、家具や調度品を工夫する。

など。

運転の方法を見直し、なるべく受傷側の肩関節の動きを必要としないよう留意する

ついつい使ってしまうので、スピード出さないようにしてゆとりのある運転を心がける

関節可動域が制限しないように、疼痛域ギリギリまで気合で動かす。

ある程度の痛みはしょうがないと納得し、受容する。

コラム 思ったこと

健康のありがたみは、やっぱり怪我とか病気するとよくわかるですね。

自己作業療法

ICFっぽくやってみております。

自分に作業療法するのはいい練習だなと思います。

こうやってみると、ICFのいいところは簡潔に情報をまとめることができるのでわかりやすいところだと思います。作業療法としてやることが明確になるだけでなく、今どんな状況なのかの共有や確認が単純な箇条書きレベルでわかりやすくまとめられるのはいいな、と思いました。

ただ、自分にするからいいや、とざっくりしてる感じもあるので、その辺は再評価に生かしたいと思います。

抑うつ傾向に対するアプローチが何もないってのは、臨床経験が浅い筆者のような人間はよくやってしまいがちですという戒めでした。

 

まとめ

ICFは、シンプルかつ強力な作業療法のツールです。

便利なので、作業療法士としてはICFは使えると良いと思います。

一方で、ICFは簡便になりすぎるリスクがあるので、もれなくだぶりなく評価できてるかはチェックが必要です。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。