あのレジェンド作業療法士山根寛先生のwebサイトが閉鎖の危機か!?と作業療法.net管理人の中で話題に

※当記事は、断片的事実を勝手に繋いで、山根先生ご本人には確認してない管理人が勝手に騒いでいるだけの「フェイクニュース」の可能性が割とあるので冷静な目で読んでいただけたら幸いです。記事の意図は文末にあります悪しからず。

山根寛先生のwebサイト「ZIZI-YAMA world」

生けるレジェンド作業療法士「山根寛」先生。

まあ、私のごとき凡人は先生にお会いして説法を聞いてみたら、得るものが沢山のありました。そういう節々は、非常に印象的です。ツッコミどころはあるかもですが、なんかすごいんです。
そんな、なんとも言えない「感じるんだけども表現しきれない」ような作業療法のニュアンスを文章に落とし込む技術が「空前絶後」なのが山根寛先生の文章です。

ですから、作業療法士で、山根先生の文章を一度でも目にした機械が無いという人は、「ああ、こういう風に表現すればいいのか」と腑に落ちたり、自分の身になっていく部分がきっとどこかしらにあるので、読んでみてください。

さて、そんな山根寛先生といえば、「フクロウ本」と一部界隈が勝手に通称する書籍に代表される著者なわけです。アフィリンク貼っときます。

こちらも読んで無いと損です。少しでも分かるところが増えると臨床が楽です。持ってた方が得だけども、お金がない人は図書館に行けばだいたいあると思います。読んでね!!

でも先生の文章を読んだことがない人に、最初に入り口としておススメしているのは、山根先生がやってるwebページだったりするんですよ。
自分も、実習生の時分からお世話になっています。

http://www.geocities.jp/zizi_yama60/index.html

それでもわからないこととか、気になることとか、ようするに「足りない」というきもちが出てきた人だけ、「フクロウ本」に手を出すくらいでちょうどいいのではないか。

そう思うくらいには、かなり作業療法の内容が充実しているページになっております。

まあ、見たことない人はとりあえず「ZIZIーYAMA world」見てみたら、得すると思います。

急報 日本のインターネットの巨星墜つ (予定)

ひょっとしたら、山根寛先生のホームページみて、なんだかなつかしくなる人もいると思います。

どっちかっというと手作りなんですよね、山根先生のページ

多分ホームページビルダーか何かを使用しておられるのだとはおもうのですが。

ブログシステム全盛のこの時代において、山根先生のようなサイト作りの方法を取っているのは実に珍しい存在になってしまいました。
作業療法.netの管理人も今でこそ、wordpressに移行しましたが、もともとは、メモ帳でWebページを作ってました。

そう、じつは、ホームページって「メモ帳」アプリがあれば誰でも作れるものなんですよ。

それを全世界に対して無料で公開できるサービスがあったんですが、それがYahoo!のジオシティーズっていうサービスだったんですね。
中学生の時分に大変お世話になりまして、いろいろ遊ばせてもらいました。FFFTPとかも知ってる人は懐かしいですよね。

話がそれました。

まあ、ジオシティーズというサービスはインターネット業界の老舗中の老舗でありながらも、現代まで現役でサービスを提供し続けてくれていた非常に稀有な存在にいつのまにかなっていたわけです。

しかし、おわりが無いものは無いということで、、

このジオシティーズは、今年の3月末で閉鎖されることが決定しました。
少し前から話題になっているニュースではあるんですけどね。

ということで、

おつかれ、ジオシティーズ!

って、えっ!?

となったのが昨日の話。

そういえば、山根先生のホームページって、ジオシティー。。。

うちゃほんまにぼーっと生きとるもんじゃけえ(広島弁)

「みてみようかな!!?」と興味をもった皆さん、お早目に!!!!

※この記事は断片的事実をくみあわせて、推測で書いた「飛ばし記事」です。先生のサイトが今後どうなるのかの取材なんて先生にまったくしてませんし、するつもりもありません。今後、サイトをどうされるのかについても、これも全く先生の自由な訳でむしろあれだけの情報を無料でいままで公開してくださっていたことへのありがたみが身に沁みるというものです。間違っても「閉鎖しないでください」なんて突撃する野暮はよしてくださいね。私がこの記事を書いた意図は、これを機会に先生のサイトを見て作業療法への興味関心が高まったらいいなと思ったというそれだけのことですから。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。