バリアバリュー「障害を付加価値へ」という考え方

障害者や社会的弱者に対する眼差しは、いろいろありますよね。

筆者は、乙武さん的な目線です。

「困ったら、お互い助け合えばいいじゃない」という。

別に、相手が特別困ってるわけでもないのに手を差し伸べるのは、どうかという感覚。

大金持ちが、「サラリーマンなんて可哀想。ああ、本当に可哀想」と全力で憐れみながら、1億円なんとか受け取らせようとか、そういう感じかなあと。

別にそれが嬉しい人はいいんですよ。

そういう人もいるでしょう。

でも、それがたまらなく嫌で耐えられないと感じる人もいるんですよね。

で、久々にそういう感性の方が書かれた本を読みましたのでご紹介します。

バリアバリュー、こちらの本ですね。

色々な側面から勉強になります。

人生哲学についての書籍として

起業・経営に関する書籍として

障害とともに成長する人のドキュメンタリーとして

冒頭のタイトルに関しては、とらわれから解放されるには、自分自身にとってより重要なものを見つけるというパラダイムシフトが大事だよって、読めました。

解釈は人によってそれぞれでしょうけれど。

さて、一番共感できたのは、次の言葉です。

「バリアフリー関連の事業をやるならNPOが良いだろう」という周囲の言葉にもかかわらず、株式会社を設立することにこだわった筆者は、こう述べています。

『社会性と経済性の両輪で事業を走らせていかないと、結局は長続きしないだろう』と。

本当に大切だと思うことは、社会を動かす力を実際に有しているもの達に、なるべく直接的に力を出してもらうことが肝要。

国や公のフィルターを通すと、動きが鈍くなる。

ウィークポイントを、希少価値という強みに変換するという発想も、なんとか生き残りをかけようという存続のかかった民間ならではのものではないでしょうか?

もっとも、このような、「弱者として扱われることへの義憤」というものを全ての障害者の方が持っているわけでなく、しなやかに生きておられる方もおられますので、全員が全員切ったはったの生きるか死ぬかの弱肉強食のビジネスの世界に出てくる必要はありませんが、やっぱりそういうところに生きがいを見出す人は、障害の有無に関わらないよ、っていう、働くことって大事だよねっていう、そういうことだと思います。

イチ作業療法士としては、税金投入型の医療・福祉的モデルはとても重要なものだと思いますが、そろそろ介護保険も崩壊しそうですし、日本の財政の陰りも見えてる中で、存続可能性という意味では非常に大事なメッセージが書かれているなあと思いました。

きちんと、経済的な価値を生み出していかないと、持続しないというのは、資本主義社会においては極めて残酷ながら事実であることは間違いないので、どのようにそれと向き合っていくのかということですね。

そういう事実に立ち向かえるような作業療法士でありたいと思います。

そのためには、もっともっと勉強していかないとダメだなあー、と、思いました。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

抜粋「新 作業療法の源流」の序(はじめ書き)

名著の序より。
初めの書き出しには

作業療法の源流の初版が刊行されてから16年の歳月が過ぎた。あの本が出た1975年当時は理学療法士、作業療法士法が施行され、作業療法専門職の資格認定制度ができ、新しく誕生した作業療法士が、まだその数は少なかったが、我が国の医療施設で行われてきた旧式の、「患者作業」を改革するために苦闘を続けていた時代であった。

つまり作業療法と言う名前で現在とは異なる作業療法が行われていた時代があったと言うことです。
このことは作業療法の教科書に書いてあることではありますが、若い世代の作業療法士にはあまり興味関心を持たれておらずそうした事実を知らない作業療法士がいることも事実です。
しかしこのことが作業療法の保険点数間の時に大きな足かせとなっていたと言う事は、これから先の作業療法士と言う資格とその仕事について考えを馳せるときにいち作業療法士として知っておくべきことでしょう。
また現在理想的な作業療法として語られるのは次にあるような作業療法ではないでしょうか。
患者のニーズに見合った、きめの細かい、バラエティーに富んだ作業療法
これができたら、患者様はきっと笑ってくださることでしょう。
そして、作業療法のあり方について次のように述べています。
作業療法は今、すべての障害者の全人的リハビリテーションの専門分野としてその地位を確立したし、その守備範囲は施設から地域へと展開している。また作業療法士が病気や障害の医学的識別を超えてすべてに共通する作業療法の担い手として広範なリハビリテーションの領域で活躍している。
この動きが、より一層活発なものになれば良いと願わずにはいられません。
同時にまだまだその動きが不十分だと言う風にも感じています。
これから地域で患者様をあるいはその家族を支えていくと言う時代を迎えるにあたって作業療法士はもともと地域で働けるようにならなければならないと思っています。
そう言う意味で、非常に示唆に富むはじめ書きだとおもいませんか?
「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

話題作、大今良時先生の聲の形に対する評価のまとめ

はじめに

話題沸騰「立ち読みでもいいから読んで欲しい」 20日発売の週マガ読み切り「聲の形」が大反響の末、あれよあれよという間に、連載決定(漫画「聲の形」 週刊少年マガジンで連載決定)した「聲の形(こえのかたち)」。

koe.jpg

©︎ 講談社 / 大今良時

面白く読ませていただきましたが、やっぱりいろいろ考えさせていただきました。なんといっても、はなしがとても、生々しい。

インターネット上では、「聲の形」について、ほんとうにいろいろな感想が見られました。今回は、それらをなるべくありのまま紹介したいと思います。

 

なるべく、作品読んでからの方がいいですけど、さすがに、もう売ってないですよね…。

買えないとか、買えるけど買わないという人は、こちらが参考になります。

「聲の形」たとえばそんなメルヘン!:ヤマカム

追記:ありました。さすが、amazonさんやで。

知らない人のための「聲の形」

2013年の週刊少年マガジン(12号)に特別読切と言う形で掲載されました。

小学校のクラスを舞台とした物語で、主人公の男の子とその同級生の難聴の女の子の話です。全日本ろうあ連盟が、監修をしてます。

この物語は、著作権に反する形で翻訳され海外でも読まれているようで、日本国内のみならず海外でも評判を博しています。きっとこーゆーことはよくある話で、人間社会ならどこでもついて回るんだろうなと思います。

さらに、詳しい情報こちらwikipedia参照

『聲の形』への批評

この記事でのメインです。

作品に対する意見で「これは!」と思ったものを、紹介できるだけ紹介してみたいと思います。

1.「リアル1級身体障害者が語る」シリーズ

『聲(こえ)の形』を読んで、リアル1級身体障害者が語る『障害者として生きる現実』-だいちゃん.com

『聲の形(こえのかたち)』を読んだ1級身体障害者の私と、喧嘩をしよう-だいちゃん.com

やっぱりこのブログは、外せないです。非常に話題になったので、どこかで見かけた方も多いのではないでしょうか。

ブログ筆者のだいちゃん氏が書く文章には、「自分の人生にはないもの」があると思います。読んでいて、非常に勉強になります。

2.聾唖者視点のつぶやきから見る聲の形

求めていたのは和解ではなく拒絶~普通学校で虐められた聴覚障害者が読んだ聲の形~ - togetter

こちらも話題でした。やっぱり、自分の知らない世界のことが、書いてありました。

そうか、やっぱり、あのマンガのあの構造のいじめは実在するんだな。

ということが、リアリティとして感じられました。重い。

結構、教師の対応が、リアルだという意見は、他のところでも見られますね。やっぱり、そんなもんでしょうね。あと、「さいごの手話が唐突」とか、「障害者は心がきれいという信仰」とかの指摘も結構勉強になります。

3.物語への違和感

「聲の形」(こえのかたち)- ありのまま。あむのまま。

2.とも関連しますが、どうもリアリティがあるところとそうでないところの落差が激しいのではないかという指摘。

西宮さん、聖人という指摘は、かなり多いですね。

4.「載せていいのか?」議論への考察

「聲の形」を巡るもの-妄想科學倶楽部

掲載を躊躇うべき理由があるとは思えないし、また同様のテーマを扱った作品が他にあっても驚くには当たらない、それぐらいにストレートな作品。だからこそ、「編集部を二分した」理由に興味が湧いた。

そもそも論として、掲載してもいいのか悪いのか、という議論が巻き起こることへの疑問と考察です。

ストレートな表現で、ストレートにありのままを書いてるんだから、特に問題ないじゃない、というスタンスから論じられており、これまた勉強になりました。

5.海外の反応

少年マガジンで掲載された「聲の形」なぜか海外エロサイトに流れ、多くのエロユーザーが感動。-お茶妖精

これも話題になってました。

海外にも、障害といじめの問題はあります。

おまけ。

「聲の形」と作者の大今良時先生について語ろうか-無駄話

原作者の大今先生のあしどりについて、非常にわかりやすく書かれています。超わかりやすいです。

あと、リメイク前のも少しだけ見れます。

話題の「聲の形(こえのかたち)」読みました!せっかくだから補聴器の話をしてみる – 1977年生まれのオタク人生

補聴器についての解説が秀逸。勉強になりました。

おわりに

まだ余裕のある方はこちらもどうぞ

【衝撃作】 週刊少年マガジン(12号)の特別読切「聲の形」(こえのかたち)は必読です。とにかく凄い作品です

疲れました。しんどいなあ。

テーマが、重たい文章を読むのって結構パワー使いますね。

また、随時追記するかもしれません。

もし、余力があれば、ひろえもんは、この話、どう思ってるのか、書いてみたいと思います。

では。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。