2018あけましておめでとうございます。本年も作業療法.netは突っ走ります。

今年は、やります色々と。ということで、作業療法士のみなさまも、作業療法士でない皆様も、作業療法もりあげ、作業療法の対象者の皆さんが、自分の人生を楽しめるように、普通の人も作業療法のメリットを最大限享受できるように、作業療法と社会をブリッジングしていくことをモットーに余裕のある限りにおいて資源を投入していきたいと思います。

作業療法の未来を個人レベルで作る

日本には日本作業療法士協会というものがあります。

日本で一番、民間の団体として、作業療法士に影響力を持っている団体です。

つまり、厚生労働省とか、立法府である国会、行政である内閣を除いてです。

日本作業療法士協会の仕事はトップダウンで、作業療法の方向性を示し、他の団体首脳との関係調整をやってもらうことだと思ってます。

プラスアルファで、MTDLPなどの必要なツールを作ったり、協会としてもいろいろな動きをやってくださってるのも、末端レベルでもなんとなーくわかります。

多分抱いてる危機感は同じです。

だからこそ、それだけでは足りないということが言えると思います。

上から降ってくるものを受け止めるだけの地力が下に足りない。

それから、下から上に押し上げる力がもっとあった方が楽しい。

ようするに、ボトムアップが必要なんだと思います。

作業療法.netとしてできることとしては、インターネット上に生の作業療法の情報と、その拡散が足りてないところに、コミットできればなと思ってます。

誰がやっても良い

ヤケになってるわけでもなんでもなくて、現実的な問題として、このサイトが情報発信できることはたかが知れてます。

作業療法に関する情報を、もっとたくさんの人、それこそ作業療法士だけでなくて、作業療法を受ける対象者の側の方が、思うがままに意見を述べてくれるとかだったら素敵だなあと思います。

「誰がやっても良い」

を伝えることも、このサイトの役割かなと思います。

できる作業療法士の個人力を高める

作業療法士は日本の法律の中で働いていますが、ルールによって得られるメリットをうわまる制約のデメリットを、対象者の方が引っ被る現状があるとするならば、それは変えなければならないと思っています。

ですので、対象者となる人に貢献できる作業療法士が、ブランディングされて行ったら良いんじゃないかなと思ってます。

そういう提言とかもしていきたい

便利なものはなんでも使え

人の認知や記憶に関する研究は、目覚ましいスピードで進んでいます。

英語が使えれば、最新の情報に触れることができます。

インターネットで、そうした情報を検索したり、専門家に質問したりできるからです。

また、最新の情報はいち早く英語で出版されるでしょう。

英語って、実は便利なのです。

パソコンも便利です。

スマートフォンも便利です。

変わるコストは、一瞬ですが、その後のメリットは大きいでしょう。

必要なのはちょっとしたやる気と勇気だと思います。

良いものはみんなでシェア

論文とかも、本当はみんなでいい知見はシェアしましょうというのが本来の趣旨の一つだと思ってます。

それがうまく機能していないのだとすれば、別の方法論の開発が必要です。

そういうこともできたらやりたいです。

まとめ

本年も一年間よろしくお願いしますう。

 

 

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

今年一年みなさんに最も見ていただいた作業療法.netの記事ランキングベスト10

みなさん、今年はどんな一年でしたか?作業療法.netといたしましては、今年は地獄のサイト移行作業などあり、割と苦難の一年でした。

さて、そんなバタバタした中でも、多くの方が過去に書いた記事を読みに来てくださっているみたいで、本当にありがたい限りです。

厚く御礼申し上げます。

今年一年で最もご愛読いただいた記事トップ10をもちまして、今年最後の更新とさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

それでは参りましょう。

第10位 まおゆう

作業療法一見関係なく見えるこの記事、もう三年以上前に書いた記事なんですが、なかなか根強い読者を獲得しておりますね。

「人間」とは何か? TVアニメ「まおゆう」第9話のメイド姉の演説のかきおこし

というか、botに人気みたいですね。今週とか、PVは16なのに、閲覧合計時間は0秒ですもん。

主体性というか、能動性、自己決定の大変さと素晴らしさを表現している良い教材だなー、と思ったので作品紹介したいと思った記事です。

ひょっとしたら、作業療法関係ない原作ファンの方々がたくさん見てくれてくのかなと思います。

第9位 作業療法士とは

一転して、作業療法らしいというか、作業療法.netで表現したいことの1つがランクインです。

http://xn--2qq684d0mc09m.net/about-otr/otr.html

申し訳ありません、現在リンク切れです。

内容はこちらに移転してます。

作業療法士とは

わかりにくい作業療法士という仕事がみんなが知ってるわかりやすい仕事になれば良いなー、と思っています。

第8位 ザンコリ

脊髄損傷と密接に関わりがあります。

結構こういう評価法的な内容は、需要があるのでしょうか。

第7位 生活行為向上マネジメントの記事

研修会参加後に書いた記事ですね。

「知らない」は死活問題。生活行為向上マネジメントを勉強してきました。

これは今年、チョチョっと読みやすいようにリライトした記事になります。

第6位

自分の悩みを書いた記事でした。

精神科の集団OTでは、訴えの多い患者様に何処まで対応できるか?

集団と、個別性の狭間で悩んでる作業療法士は多いのだなあと感じました。

今後もそういうところにスポット当てていけたら良いんですけども。

第5位 リーズニング

リーズニングという言葉がよく分からなくて、自分の勉強というつもりで書いた記事でした。

リーズニングという言葉について、作業療法との関連を調べてみた。【クリニカルリーズニング】

こちらも、結構前の記事ですが、たくさん読んでいただいてるみたいでありがたいです。作業療法士じゃない人にも読んでもらってるのかな、と思います。

第4位 精神障害者の方の雇用について

の記事こちらも昔に書いた記事ですね。

「相手を思いやれない障害」の持ち主とどのように付き合っていったらいいんだろう。

こうやて、みてみると昔の記事ばっかやんけ。

第3位 触診のあれこれ

これは今年追記しましたね。

作業療法士に役立つよくわかる触診のコツ。ひろえもんの触診の方法論と、出来るようになるためにやったこと。

触診はコツさえ掴めればほんとに簡単なんで、苦手意識がある作業療法士の皆さまはぜひ読んでもらえればなにかヒントになると思います。

第2位 移乗の方法論

これは結構、読んでもらえたのが嬉しかったり。

移乗の介助のときに現場の人が腰痛にならないために、必要だなあと現場の人間として思うポイント「移乗知っ得ナレッジ&テクニック」まとめ

移乗も簡単なんで、苦手意識ある人は読んで見てね。

第1位 COPMの記事

こちらになりますね。

知ろう、学ぼう!!COPM(カナダ作業遂行測定)

これも、昔ーに書いた記事です。

総括

ということで、1位から10位まで、なんとも残念なことではありますが、昔に書いた記事の方が、たくさんみていただいてるという結果になっております。

来年に向けての抱負

はい、昔に書いた記事に最近の記事のPV数が負けとりますね。

残念。

今年の作業療法.netは、サイトの基礎工事にてメチャクチャ時間がかかって、コンテンツは大して増やせませんでした。もっと皆さんが作業療法についてシェアしたり検索したりしたくなるような記事を来年はガシガシ書いていきます。

あと、一人で淡々と更新するばかりじゃジリ貧だと悟ったので、抜本的かつ革新的な取り組みを実行に移していく必要があります。

来年もよろしくお願いいたします。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

ページトップの外部リンクの撤去

いつも作業療法.netを応援してくだっている皆様ありがとうございます。

サイトの更新についてのご連絡です。

外部リンクを撤去しました。
かなりたくさんの方にご利用いただいていたようでして、申し訳なく思います。

しかし、得体の知れない企業の広告が自動配信される仕様になっているようで、サイトの利用しやすさを著しく毀損することから、撤去に踏み切ることにいたしました。

これまでご利用いただいていた皆様には大変申し訳なく思います。

今後、代わりとなるサービスでいいものが見つかればそちらに切り替えて外部リンクを復活させるつもりはあります。

しかし、見つからない場合は自分で作ることになるのでかなり先の話になると思います。

何か、いい方法があれば教えていただければと思います。

少し時間が取れそうなので、いままでサボりにサボっていたサイトのメンテナンスや充実にできる範囲で力入れてまいりますので、期待せずに期待していただければ幸いです。

今後とも「作業療法.net」をよろしくお願いいたします。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

作業療法.netにおいて現状存在するコンテンツと新しいOTwikiの位置づけについて

はじめに

作業療法版wikipedia otwikiに関しましては下記二つの記事をご覧ください。

【OT版Wikipedia!?】otwikiを作りました。【目的・詳細・利用法・お願い】

【OT版wikipedia】otwikiの編集者になる

今回は、他のコンテンツと新しく作成したotwikiというwebサービスの位置づけについてお話をさせていただきたいと思います。

Tree_of_Life,_Medieval.jpg

ブログコンテンツ

最初は厳密にかくことを意識していましたが、最近は方向性を変えようかなと思っています。

もちろん、大嘘は書かないように細心の注意は払っております。

しかし、厳密さよりも伝わりやすさだったり、面白さだったりを優先したコンテンツを作成したいと考えるようになりました。

とにかく作業療法.netを訪れてくださったユーザーの皆様に、「おもしろい」と思ってもらえるようなそういう形のコンテンツが提供できないだろうかという風に考えています。

作業療法.net

作業療法を紹介する、知名度を上げるという目的がありましたので、それが実現できるようなコンテンツの配置を考えています。

しかしながら、ここでもやはり、ひろえもんの主観に依ってしまうところが、必ず出てくるはずでどうしても客観性を保ち続けることは難しいとおもいます。

そこで、客観的でない情報を書き込んでしまうかもしれない自分をサポートしてくれる存在が必要になると考えました。

otwikiでは事実を重視したい

otwikiは、見た目からもわかるようにwikipediaでも使用されているmediawikiという信頼性の高いアプリケーションを使用しています。

このアプリケーションのすばらしいところは、どんな情報量にもスケールする事が可能な点です。

ひろえもんとしては、otwikiが、効率的に物事を調べるためのツールだったり、膨大な情報量をうまくまとめ、人に伝えるためのツールとしていろいろな人に役立ててもうらうことが出来ないかと考えています。

ひろえもんが全く知らない情報も、otwikiがあれば世界中に公開されるかもしれません。

可能であれば、コンテンツを編集してくださる方には、その情報のソースなどを示していただけるとありがたいです。

おわりに

ひろえもん自身いろいろなモノにてを出してるなあという実感があるので、目的が今後のコンテンツ更新に伴ってぶれていかないようにするために、書いてみました。

なんでotwikiなんてものをわざわざ作ったかがご納得いただければ幸いです。

そんでもって、ご納得いただいたうえで、ご協力いただければ嬉しく思います。

何かご質問などございましたらお気軽に。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

【mediawiki以外も】hetemlのWAFのせいで、403エラーを延々と吐きつけられ解決方法にたどり着くまでにほぼ半日費やした話【フォーム入力系全般で】

はじめに

まず最初に謝ります。ごめんなさい。

本日の記事は、技術系な感じです。作業療法関係ねー、です。

ですので、いつもとはかなりテイストの違う内容になっています。

インターネットやITに興味のある方は、楽しんでいただけるかもしれません。

mediawikiで脚注を実現した

Wikipediaの作業療法に関する記述が、あんまり残念だったので、思わずotwikiなるもの作ってしまっております。

otwiki : http://jp.otwiki.org/wiki

実際にリンク先に飛んでいただいて、見ていただければわかるように、Wikipediaと同じシステムを使いました。

で、本家と同じように脚注の機能を実装したかったので、mediawiki拡張機能を利用して実装しました。

現在は、普通に脚注付けられるようになっています。

しかし、ちゃんと実装できるまでに半日かかりました。

具体的には、特に手順を間違えていないはずなのに、なんどやっても「403 Forbidden」がかえってきてしまうドツボな状況にはまり込んでしまいました。

原因がよくわからず、ほとほと困り果ててしまいましたが、おもいつきで入力した検索キーワードで正解にたどり着く事ができ、たまたまうまくいきました。

このサイトに出会わなければ、先の見えない迷路をいまもまださまよっていた事でしょう。

入力フォームの送信で稀に「403 Forbidden」エラーになる現象はWAFが原因だった – にししふぁくとりー

このサイトに出会えたことに感謝しつつ、もし、自分と同じように取り組んでいて、同じように困るひとがいた時のために、それから自分自身の備忘録のためにここに書き残しておこうと思います。

結論:大体hetemlのせい

結論から言うと、今回のトラブルは、拡張機能にもmediawiki本体にも、自分自身の手順にも問題は無くWAFというセキュリティが原因だったらしいです。

このWAFが、利用してる某レンタルサーバーに、しらない間に導入されていたらしく、これが、拡張機能を用いるときに使用するフォーム入力をブロックしていたらしい。

ドツボにはまった理由

いろいろな要因が重なっていたのだけれど、大まかな要因は以下の通り。

7658225516_00cf277f83.jpg

① パーミッション設定が原因だと思い込んでいた

「403」が出てくるときって、ファイルの権限の設定ミスが原因のことが多いので、関連ファイルが、パーミッションを間違えていないか逐一確認しました。

しかし、まったく異常なし。これをしらべるだけでも、結構なてまでした。

よくよく考えたら、一括して設定し直せば、パーミッションの問題は一気に解決できたなあと今になって反省しております。

② シンボリックリンクの設定が原因と勘違いした

その次に、mediawikiの公式解説サイトを熟読したところ、シンボリックリンクによって403がでてくることがあるとの記述を発見。

で、そこから.htaccessが何かやらかしているに違いないと思い込み、その辺りの設定ファイルを書き換えてみまくるも、全く効果なし。

この時点で、どうしたら良いかわからず、混乱してきました。

③ mediawiki周辺の技術的な問題と思い込んだ

ふたを開けてみれば、実のところmediawikiは今回の問題とは本質的に何の関係もなかったのですが、ひろえもんは、mediawiki周辺に問題があるに違いないと信じて疑いませんでした。

ので、解決方法をgoogleでしらべるにあたって常に「mediawiki」というキーワードを入れこんでしまっていました。

解決方法を探す上で、これが一番まずかったなあと思います。いかにgoogleが優れた検索エンジンであっても、使う人間の頭がぽんこつだと、きちんと正解にたどり着く事が出来ないんだなあと思いました。

④ 自分自身に原因があると思い込んでいた

何か自分がミスをしているに違いないとおもっていたので、思いつく限り反省してチェックしましたが、どこも間違っていませんでした。

この辺りで、ようやく自分は間違っていないし、mediawiki周辺の問題ではなさそうだと思うようになりました。

解決への光明

煮詰まって、どうにもうまく行かない感じだったので、着眼点を変える事にしました。

すなわち、あれこれ想定して調べるのではなく、現在「403」エラーがかえってきているというその事実のみに着目しようと考えました。

そして、まず403エラーがどんなときに出現するのかということを調べようとおもいました。

で、googleで検索して、まさにな内容が書いてあった冒頭に上げたサイトにたどり着く事が出来ました。

教訓

今回のことから、いくつか学ばないと行けないと思った事がありました。

① 自分が悪いと決めつけない

何か自分に原因があるのではと考えるのが、自分の思考の癖だと痛感しました。

② 見落としてる要素はないか探す

自分のしっている範囲内に原因があると決めつけるのではなく、想定の範囲外のこともきちんと検証してから取りかからないと、しんどい思いをする事になると思います。

③ 先人は偉大

自分が知らない事を知っている人は、必ずいて、その人は何か手がかりを残してくれています。あるいは、質問を投げかけたら答えをくれます。そこにたどり着けるような努力は普段から怠ったらいけないなあと思いました。

おわりに

今回の事はぜんぶhetemlが悪いですが、hetemlが悪い事に気がつけなかった自分も悪いと思います。

今後に生かしていきたいです。

あと、otwikiの方は、きちんとまたプロモーションさせていただきたいと思います。

ひろえもん独りではとてもではないですが、記事内容の充実なんて無理です。

ので、編集者募集したいとおもいます。

アカデミック臨床問いませんので、協力してもいいよーと思ってくださる方は、ツイッターでもfacebookでも連絡いただければ、幸いです。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

作業療法.net内のコンテンツを閲覧する際に使用するブラウザに関するお願い

はじめに

パソコンを使って「作業療法.net」を閲覧される皆様へのお願いです。

表示の不具合を防ぐため「モダンブラウザ」と呼ばれるブラウザを使用しての閲覧をお願いいたします。

chromeやsafariといったモダンブラウザや、最新のタブレット端末、スマホから閲覧される場合には問題ありません。

仕様変更にともうなう表示の不具合について

現在、microsoft社のwebブラウザであるIE(インターネットエクスプローラー)でこのサイトを閲覧した場合、デザインがうまく表示されないコンテンツがあることが判明しました。

これは、IEがhtml5とCSS3といった最新使用に対応していないためです。

「ひろえもんの雑記帳」などのブログにおけるレスポンシブwebデザイン導入に伴いまして、今後「作業療法.net」内のコンテンツは基本的に、今後のインターネットの主流となると考えられている、html5とCSS3で制作していく予定です。

それに伴いまして、「作業療法.net」のgoogle analytics分析を精査してみたところ、当サイトにおけるページの閲覧時には、IEを使っておられる方がかなり多くいらっしゃることが分かりました。

このことは、数日前にデザイン変更して以降、デザインがうまく表示されていないまま利用してくださった方がいることを示しています。このような皆様におかれましては、大変ご迷惑をおかけしております。

javascript等を用いて早急に対策したいと思いますが、できることならばgoogle chromeなどのモダンブラウザを新たにインストールしていただくことをお勧めいたします。今後のインターネットにおいて主流となるhtml5とCSS3に対応しているブラウザを使用してください。

google chromeはこちらからダウンロードできます。

chromeのダウンロード

さいごに

表示がうまくいっていなかった皆様には、ご迷惑をおかけいたしました。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

新コーナー ブログ「作療の日常」開設しました。

はじめに

作業療法.netのコンテンツがまた一つ増えました。

知り合いのOTRにブログを書いてもらうことにしました。

新ブログ「作療の日常」について

1)開設に関して

開設自体は、先日からしていたのですが、いろいろな基本設定とか云云かんぬんがありまして、告知できずにおった次第です。

こちらのURL先で読むことができます。

作療の日常

2)開設の理由

きわめて明確かつシンプルでして、まず、インターネット上に作業療法関連の情報源が増えたらなあと思ったことです。

3)書き手

この春から、新人として働いている、新人OTRの「さりゅお」さんに書いてもらうことにしました。

なかなか、ユニークな文章でユーモアたっぷりです。

4)執筆内容

新人の目線から、いろいろとかいてもらえればとお伝えしております。

きっと、新鮮な目線でいろいろと書いてくださると思います。

5)執筆ペース

週に1回ペースを目安にお願いしております。

同時に、負担にならない範囲であれば、それ以上のペースで更新してくれてもかまわないという風に伝えております。

おわりに

そんな感じです。

請うご期待ですね。

あと、宣伝です。

ただいま、協力者の方を絶賛募集中。

特に今は、作業療法関連の内容のブログを書いてくださる方を募集中です。

その他、こんなのやったら面白いんではというコンテンツ案あれば、ぜひご提案を!!

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

【お知らせ】google adsenseをサイト内に導入しました。

はじめに

サイト内検索エンジンをgoogle製にしたついでに、アドセンスを導入してみました。

うざったいと思われる方もおられるかもしれませんが、ご了承ください。

あと今後のサイト運営についても。

アドセンス広告とは

気づかれた方もおられると思いますが、おとといあたりから、作業療法.netのサイトの下の方に、googleから発信される広告が設置されています。

これは、みなさんご存知のクックパッドのサイト右上にある広告と同様の性質のものです。

この広告を利用してくださった方がいると、設置者にいくらかのマージンが入ることになっています。

つまり、広告の利用者がいると、ひろえもんにお金が入ります。

設置の理由

webサイトの運営費を捻出するための苦肉の策です笑。

実は、この見た目がしょっぱいサイトをつくるにもいろんなコストが発生しておりまして、ふと計算してみると年間だと結構馬鹿にならないことに気がつきました。

今後も、サイトの方は拡充していきたいなーという思いがありまして、いざいろいろやりたいことがヤレル段になって、お金がないからできないってのもなんか情けないなと思いまして。

ってか、この間、ノートパソコン買ったときに、もっとお金に対して危機感持たないとだめだなあと思ったのが一番大きな理由です。

この春から社会人にもなりましたし、金策には自分で都合つけていかなくちゃ行けないですし。

予定する使い道

多少なりとも収益があったら、サイト運営のための足しにしたいと思います。

そんなに大した額にはならないと思います。

もし余ったら、作業療法関連グッズのプレゼント企画とかやってみたいです。

その他使い道について有意義な提案あれば、コメント等でよろしくお願いします。

今後のサイト運用

基本的には、サイトの使い勝手が悪くならないよう、かつ広告も利用してもらえるようなベストなポジションを模索していこうと思っております。

ですので、サイトのデザインがしばらくころころとかわったりすると思います。

おわりに

作業療法.netユーザの皆様には、ご迷惑おかけすることになるとおもいますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

並行して、そのうち、あたらしいwebコンテンツの企画の方もあげていきたいなとおもっています。

実は、発表してないだけで、国家試験直前にもう立ち上げはしているんですけれどね。

後日ちゃんと発表したいと思います。

協力してくださる方とかも募集してみたい。

お楽しみに。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

サイト内検索エンジンをこれまでよりも、高性能にしました

はじめに

作業療法.netトップページなどにある検索窓をgoogle社製のものに変更しました。

これにより、以前よりも強力かつ柔軟にサイト内を検索していただくことができます。

サイト内検索の使い方

使い方は簡単です。

まず、検索まどを見つけます。

右上の方にあります。

スクリーンショット 2013-04-12 6.33.06.png

これです。

そして、ひだりの枠の中に、キーワードを入力して、右の「検索」ボタンをクリックするだけです。

おわりに

この検索窓を使用することによって、自分が知りたいキーワードに関する内容を効率よく調べることができます。

ぜひ、試してみてください。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

就職後全く更新しておりませんでしたので、約一週間とちょっとの更新になりますが、みなさまお元気でしょうか?

はじめに

更新したかったんですが、いろいろありまして更新できませんでしたという言い訳。

更新に間が空いたので、リハビリがてらに。

なぜ、更新ができなかったかには大きく2つの理由がありました。

時間がない

就職しても同じように更新できると思っていました。

でも、自分が想像していたよりも時間がなかったです。

まあでもこの辺は、なれてくるのだろうと思います。

パソコンがない

実は、もとから持っていたノートパソコンがこわれてしまいました。

ブログの更新をするためのデバイスがありませんでした。

おわりに

以上いい訳でした。

また、ぼちぼちと更新したいと思います。

ひょっとしたら、週刊+αな感じの更新になるかもしれませんが、ノートパソコンは手に入ったので、少し更新頻度は上がるのではないかと思います。

多分。

今後とも、作業療法.netをよろしくおねがいします。

また、就職後一週間についてでもかいてみます。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。