参考資料

"作業"の捉え方と評価・支援技術

著者または編者:日本作業療法士協会,岩瀬義昭,大庭潤平,村井千賀,吉川ひろみ 出版社:文光堂

内容紹介

今、あたらしい算定基準になる可能性がたかまっている、生活行為改善リハビリテーションのベースとして話題の「生活行為向上マネジメント」のテキスト。

これまでのリハビリテーションの要点を抑えた上で、次世代のリハビリテーションについて学びたい人必読の書籍。

サブタイトルとなっている「生活行為の自律に向けたマネジメント」が今後ますます重要になるとおもわれるので、生活行為改善リハビリテーション算定について実践をにらんで学びたい人は、購入して損は無い本、これから使いどころが満載の一冊です。

管理人は、各職場に一つずつどころか、1人一冊持っていても不思議ではない時代がくるとおもっています。

    
最新の投稿

作業療法の知・技・理

投稿者:ひろえもん
更新:2015年2月13日 23:46

英語で学ぶ作業療法

投稿者:ひろえもん
更新:2015年2月13日 21:28