参考資料

マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則

著者または編者:ピーター・F・ドラッカー,上田 惇生 出版社:なし

内容紹介

もはや古典とも言えるほどに、いろいろな人や組織に参考にされる本のエッセンシャル版。

「もしドラ」ブームによって、本の知名度は上がったものの、本の深い内容や意味するところについては、未だに周知されていないと感じる。

本の紹介は以下のようにされている。

ドラッカーが自らのマネジメント論を体系化した大著『マネジメント――課題、責任、実践』のエッセンスを、初心者向けに一冊にまとめた本格的入門書。本書は、マネジメントの仕事とは実践であり、成果を出すことであると明確に規定する。そして、そのためにマネジメントが果たすべき使命と役割、取り組むべき仕事、さらには中長期的に考えるべき戦略について、具体的に解説する。組織で働く人に、新しい目的意識と勇気を与える書。

組織で働くサラリーマンや経営者は、理解していないとキャリア形成に大きな損失となって現れる、それくらいに大切なことが表現されている一冊。

また、作業療法にとっては、序盤の特に「顧客」に関する定義の部分が非常に大切になると思われる。

対象者ももちろん顧客であるが、その他の人々も顧客になり得るということを、おそらくこの本から学ぶことが出来る。

    
最新の投稿

作業療法の知・技・理

投稿者:ひろえもん
更新:2015年2月13日 23:46

英語で学ぶ作業療法

投稿者:ひろえもん
更新:2015年2月13日 21:28