参考資料

作業療法士のための研究法入門

著者または編者:鎌倉矩子 出版社:三輪書店

内容紹介

日本の作業療法界の伝説の一人、鎌倉矩子先生がメインとなって執筆された一冊。

宮前珠子先生と、清水一先生も。

この3人は、日本で初めて大学として、作業療法士の養成校となった広島大学で出会ったはずです。

たしか。

本の紹介としては、研究の方法について、その熱い思いを乗せて書いてあり、読み応えと実用性を兼ねた一冊。

入門と言いながら、必要な項目については網羅されており、大体のことはこの本でわかる。

はず。

あとは、統計の本を何冊か読めば、自分のしたい研究にどんな技法が必要なのかがつかめる。

はず。

読むべし。

    
最新の投稿

作業療法士のための研究法入門

投稿者:ひろえもん
更新:2015年3月 8日 14:14

作業療法の特徴(強み

投稿者:ひろえもん
更新:2015年3月 3日 22:43