参考資料

新 作業療法の源流

著者または編者:冨岡詔子,秋本波留夫 出版社:三輪書店

内容紹介

作業療法が、きちんとエビデンスをもって確立されることの大切さを述べた本。

本の冒頭で「作業療法不振」という強い言葉を使って、作業療法の根底にある人道療法や、人間尊重の人道的精神を今一度確認することを求められる本。

主に精神障害との関わりの中で、作業療法がどのように確立していったのかという歴史も垣間みることが出来る。

    
最新の投稿

作業療法の知・技・理

投稿者:ひろえもん
更新:2015年2月13日 23:46

英語で学ぶ作業療法

投稿者:ひろえもん
更新:2015年2月13日 21:28