参考資料

統計学が最強の学問である[実践編]---データ分析のための思想と方法

著者または編者:西内啓 出版社:ダイアモンド社

内容紹介

前著の内容を実践するための方法と、その基礎となる知識について、順を追って解説した本。

一応統計学を使いこなすために必要な考え方の枠組み(フレームワーク)は網羅している。

前著に比べると、読み進めるのに少し大変さが伴うが、この本を読むことによって得られるメリットは非常に大きい。

統計学自分の手足のように自由自在に使えるものにしたいと思ったことがある人にオススメ。

自分が研究するときだけでなく、自分の実践の根拠としてなんらかの統計的手法を用いた研究論文を用いる際に、その論文がしっかりとしたエビデンスとして使えるかどうかの判断を下せるようになるのに役立つ一冊。

    
最新の投稿

作業療法研究法 (標準作業療法学 専門分野)

投稿者:ひろえもん
更新:2015年3月 8日 14:23

作業療法士のための研究法入門

投稿者:ひろえもん
更新:2015年3月 8日 14:14