たとえば、歩行機能に問題のあるおじいちゃんが「一人で散歩に行きたいとおっしゃいました。」どうしますか?

はじめに

守りたいものがいくつかあったとき、同時にそれらを守ることが矛盾を引き起こすことってたくさんあるように思います。

たとえば、積極的に外には出したくないけれども、おじいちゃんおばあちゃんの世話や介護には協力的な家族というのは結構いらっしゃるのかなあという気がします。

よくあるテーマだとは思いますが、ちょっと考えてみたいとおもいます。

家族の思い

本人が一人で行動することになんらかのリスクを覚えている場合には、家族がその人の行動範囲を制限することは現実的な選択肢の一つです。

場合によっては、一人で近所の散歩に出歩くことを制限する場合だってあると思います。

そんな、当時者がやりたいと思っていることを制限する家族の思いは、当人にけがをしてほしくないという思いがあるのではないかと思います。

本人のことを思えばこそ、本人がやりたいと思っていることでもさせることができないというもどかしさは、支援を直接的におこなう立場の人間が誰しも一度は感じることなのではないでしょうか?

そして、それを埋め合わせるかのようにほかの場面では、かいがいしく本人の世話をすることもあるのではないかと思います。

たとえば、認知症や整形疾患の患者様が一人で外出するのを制限するけれども、介護には熱心という家族にいはこんな感じの背景があるのではないかなあと推測しています。

本当は誰のため?

しかし、それだけではいけないよねというのが、往々にして作業療法士としてのひろえもんの考えです。

矛盾を解決するには、物事に優先順位を決定して、優先的に取り組むことを明らかにしていけばいいと思います。

その優先順位をつける際に使える物差しが、「何がその人のためか」ということだと思います。

そして、たえとばこのケースについて、「何がそのひとのためか」を考えるのであれば、どうやったら、一人でも散歩に行けるかを検討することになると思います。

なぜなら、その人が「散歩に行きたい」とおもい、それが実現できることには、その人にとって大きな意味があるはずだからです。

「ひとりで散歩に行くこと」がその人の生きがいだったとしたら、その人が散歩をしないことは、何を意味するでしょうか。

たぶん、大げさに言うと、その人から生きる意味をはく奪することになると思います。

その人にどうなってほしい?

一人でできないことをやりたいと望む人と向き合うとき、どんな結論に落ち着くかは、畢竟その人にどうなってほしいかということなんだと思います。

ただ、その人に長らえてほしいのか。

それとも、そのひとがいい感じで人生のゴールに向かっていくための支援がしたいのか。

大切なのは、そこなんじゃないかなあと思います。

ヒトとして、生物として生きるだけでなく、一個人一人の人として、あるいは、社会的な存在である人間として、人生の最後までどうあってもらうのかというところが、支援を行っていくうえでの出発点なのではないかなあと感じています。

何がご本人さんのため?

自分自身がどうありたいか、何をしているときに幸せを感じることができるかということをうまく言葉にできないひともたくさんおられると思います。

また、なかなか本音を言い出すことができなくて、つい思いとは裏腹な言葉を述べてしまう方もたくさんおられると思います。

そういった方たちも含めて、「できない」ことを「やりたい」といわれる方々にはどのように向き合うべきだろうと、

日々なんとなくなやんでおります。

ご本人さんがやりたいことを、現実的な制約の中で、実現するその選択肢として、クオリティの高いものを提案できるためには、どうしたらいいでしょうか。

ひろえもん的には、「まずその人にどうなってもらいたいのか」というゴールを出発点にして、それに向かって考えを進めていけばいいのだろうなと思います。

そしてたとえば、その人に笑顔で過ごしてもらいたいのであれば、その人が笑顔になれるような、そんな作業が提供できたらいいのかなとおもいます。

おわりに

タイトルのような出来事がもしもあったら、電動歩行器を本人さんに進めるかもしれません。

座位保持が安定していたらの話ですが。

そして、その人が散歩に求めるものにもよりますが。

移乗の介助のときに現場の人が腰痛にならないために、必要だなあと現場の人間として思うポイント「移乗知っ得ナレッジ&テクニック」まとめ

はじめに

移乗がすっかり板について、とんでもなく上手になりました。

ひろえもんです。

実習のときに、あんなに苦手だったのに、短期間でこんなに上達するとは思ってませんでした。自分で思い返してみても、とても不思議です。

先輩にいつか腰をやると言われたのは今は昔、同僚の先輩方から「うまいね」と素でほめられる程度には上達しました。

思わず自画自賛してしまうくらいにうまくなってしまいましたので、そのままの勢いで突っ走って記事にしてみたいと思います。

きっと、わりと多くの人の役に立てるのではないかと思います。

ijo.png

OTSもちろん、介助職のかた、看護師の方にもよかったら、見ていただきたいなあと思います。

てなわけで、拡散希望す。

あと、我流な面もあるので、間違っている場合には指摘いただけると大変嬉しく思います。

あと、長くてすみません。

厚生労働省の見解

ご存知のかたも多いかもしれませんが、この6月に厚生労働省は「職場における腰痛予防対策指針」って言ういうものを改訂しておいでです。

そのなかには、介護や看護作業による腰痛って言う部分に対しての明確な言及があり、厚生労働省的にも「腰痛問題やばいなあ」と認識していると言う事が伝わってきます。

抱き上げに関してなどは、「労働者の腰部に著しく負担が掛かることから、リフトなどを積極的に使用し、原則として人力による抱き上げは行わせないこと」と明記している。

また、「福祉用具の使用が困難で人力で抱き上げざるを得ない場合には、適切な姿勢においてできうる限り身長差が少ない2人以上にて作業すること」

(from http://www.qlifepro.com/news/20130623/revised-low-back-pain-prevention-measures-guideline-ministry-of-health-in-the-workplace.html)

はい。

ということで、まあ、厚生労働省的には、

「1人でがんばった結果腰痛になられて、使い物にならなくなったら損失なんで、物で工夫するなり、2人でがんばるなりしてくださいね」

という感じです。

より詳しく知りたい方はこちらどうぞ。よくまとまってます。

厚生労働省の「職場における腰痛予防対策指針」改訂について 公益社団法人 全国有料老人ホーム協会

現実問題として1人でなんとかしないといけない場面は多い

とはいえ、道具が無い現場も、道具を使う時間がない現場も、人員が十分に確保できない現場も山ほどあると思います。

要するに、ケアの対象となる方の移乗を1人でスピーディーに、かつ自分も相手も安全に行う事が求められます。

なんだかんだいって、介護市場の経営者って労働者側に対して、結構シビアに時間と金のノルマを科してくる人も多いですよね。

んだもんで、そのためには、ある程度の知識と技術を身につけておく必要があります。

それが、自分と対象者の方の安全と快適さを保証する事に繋がっていくのではないかと思います。

移乗知っ得ナレッジ&テクニック

では、どんな知識や技術を身につけたら、腰を痛めず、ひいては、余計な力を使わず、楽に介助ができるのでしょうか?

ひろえもん小柄で体作りもろくにしていないので、技を使わないと移乗なんか絶対に無理です。逆に言えば、技を知ればだれでもラクに移乗できるようになります。

ありとあらゆる移乗動作は、細かい部分は違えど、意識しなければならないポイントはどれも大きくは同じです。

ですので、今回は、「ベッドから車いすへの移乗」を意識して記事を書かせていただきたいと思います。

さて、それでは、ひろえもんが普段使ってるテクニックと意識している部分に基づいて、書いていきます。

1.車いすの位置

というか、段取りの問題カモ知れません。

とにかく、一番最初に車いすをベッドに寄せたり、多機能な車いすが使用できる場合には、手すりやフットレストを外してみたり、リクライニングや座面の傾きを調節してみたりして、移乗する際の妨げにならないようにします。

慣れないうちは時間がかかりますが、できるようになると、移乗の際対象者の重心を自分が高く持ち上げる必要がないため、腰をやるリスクがかなり変わると思います。

車椅子をあれこれするためには、ある程度触れてみてからの知識が必要になるので、OTSの皆さんは、休み時間とかに許可をもらって、バラしたり傾けたり自分が乗ってみたりをお勧めします。

すると、移乗に対する理解がより深まるように思います。

2.ベッドの高さの調節

介護が必要な方が利用する最近のベッドは、電動で動くものが主流になりつつあります。

これらは、大体腰の位置を中心として「頭の高さ」「足の高さ」「ベッドの高さ」がリモコン操作で変更できるようになっています。

移乗の際、車いすによっては、手すりが外せないため、対象者の重心を高い位置に持ち上げる必要がある場合があります。

このとき、ベッドの高さをあらかじめ高くしておけば、自分で持ち上げる必要がないので、腰を壊すリスクは低くなります。

3.ラクする秘訣は”てこの原理”

てこの原理ってのは、あれです。

「してん、りきてん、さよーてん」

のあれです。

これを毎日、唱えているといつの間にか、ほとんど力を使わずに、患者さまがおこせます。

嘘です。

唱えるだけでなく、実際に使う事が必要になります。

「いまいちよーわからんですのう」というOTSさんはこちらの本がおすすめです。

直接移乗については書いてないですが、てこのついでに運動学が学べる上、就職してからも役立つ充実の内容なので、変な教科書2冊買うよりかなりお買い得です。

最悪、中学校の理科の教科書を引っぱりだしてもいいかもしれませんね。

4.重力を使う

自分と相手の体重を使うと言い換えてもいいかもしれません。

ベッドから、患者様を座位にする際に、この原理と合わせてつかうと、ラクができます。

5.密着する

自分の体の重心上に、相手のからだの重心を持ってきましょう。そのために、きちんと対象者に正しく密着する必要があります。

これがてこの原理の真骨頂です。

すると、普通に立ち上がる動作をするように、下半身に力を入れるだけで、ラクに対象者のからだを持ち上げることができます。

これをマスターすると、移乗の対象者がわりと大柄な人でも全然イケるようになります。

6.腰よりも足を使う

解剖学で習ったカモ知れませんが、回旋での脊椎の可動域はお世辞にも広いとはいいがたいですね。

患者様を持ち上げ、移乗する際、足を動かさずに腰をまわすと、いつか靭帯をいためる気がします。

移乗対象者の体の向きを変更する際には、しっかりと自分の足を動かして、時分ごと方向転換するのが良い気がします。

7.対象者の残存機能をフル活用

対象者ができる事を引き出すために、こちらがしんどい思いをするだけというのはつまらないと思います。

どうやったら、自分もラク、相手もラクに移乗ができるかを考えます。

下肢の筋力が残存しているのであれば、きちんと自分の足をつかって立ち上がっていただきましょう。

機能維持に繋がるだけでなく、共同して一つの課題に取り組むときのあの充実感がお互いに味わえるのではないでしょうか?

そのためには、移乗対象者のことがしっかりとわかっていないといけませんのでいろいろと情報収集が大切になりそうですね。

8.無理だと思ったら諦める

その場合には、2人がかりでやるなり、道具を使うなりするべきだと思います。

無理した結果として、対象者さんがけがをしてしまうような事態だけはなんとしてもさけなければなりません。

おわりに

介護やPTOT看護は、移乗動作、病棟によっては多分毎日やる事ではあると思うのですが、2人で、「平行移動」するばかりでは、上達しません。

経営者サイドの都合で、いつ人員が削減されるとも限らない訳で、1人で正しく移乗できるようなテクニックを身につけておくことには、自分自身にとってもメリットがあることだとおもいます。

なにより、対象者の方ができることを奪わないために、できる事なら、多くのひとに1人での移乗についてマスターしてもらいたいなあと思います。

学生さんにおかれましては、色々経験不足、知識不足等で大変かとは思いますが、「なにがリハビリテーション?」と考えながらがんばっていただきたいと思います。

「今の日本人にはないかもしれないもの」。あるいは、豊かさと引き換えにして、失ってしまうかもしれないものについて。

china001.jpg

はじめに

今日は、中国のニュースの紹介とそれについて、です。
まず、紹介しようと思った理由について簡単に。
まず、内容について、純粋に「凄い」とおもったこと。
そして、「もし、自分が、両親の立場だったら?」とおもったこと。
あるいは、「日本では、どういう解決を見るだろう?」と考えたこと。

などなど、いろいろ思うところがあったということが、ご紹介いたします理由です。

ニュース概要

冒頭でも紹介したように中国での出来事です。
かいつまむと、

・主人公は夫婦
・息子は、オートバイの事故で、自発呼吸困難
・経済的な理由から、病院には入院できず
・そのため、なんと、二年間も、人力で、手動のビニール製ポンプをつかって呼吸を介助
・負担を減らすために、作成した、自家製人工呼吸器も、電気代節約のため、日中は使用できない
・介護は24時間必要
・息子は意識清明

なかなか、衝撃的です。

もし自分が両親の立場だったら

正直、息子の介助をすることをためらうかもしれません。
もちろん、子供の命が、たとえどんな形であっても、永らえることは、それは、親として無上の喜びです。
しかし、自分の子供が、たとえば、「もう死にたい」といったとき、自分はどうするだろうと、考えた時、結局答えは出ませんでした。
きっと、その時になってみないとわからないのだと思います。

しかし、実の息子とはいえ、これだけの介助を二年間も続けた、それはすごいことだと思います。

もし日本だったら

きっと、即、病院でしょう。
そして、必要に応じて、呼吸を介助するための装置が、保険によって、準備されると思います。
きっと、多くの場合は、電気代を気にすることもないと思います。

また、介護疲れが、ニュースになったりするように、ここまで頑張ることはできないと思います。
家族をフォローするための、何らかのサービスが必要とされるでしょう。

今回ご紹介したニュースで、夫婦が、そうしたサービスを利用できない背景には、こんな事情があるようです。

 中国当局はこの10年間で健康保険制度を広く拡大し、農村部もその対象になっているものの、給付額は少なく、重症患者や慢性疾患の患者は医療費を家族に頼らざるを得ない。

AFPBB News

経済規模を拡大しているとはいえ、中国でこれです。
国際社会と比べると、日本は、恵まれすぎているくらい、福祉が充実しているのだという現実にぶち当たった感じがしました。

さいごに

いろいろすごいと思いましたが、こういうセリフが、言うことが、一番すごいなあと思いました。

夫の敏足さんは国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)に、夫婦共々「あきらめようと思ったことなど1秒たりともない」と語った。「わずかでも生きるチャンスがある限り、わが子の命をあきらめる親などいないでしょう」

AFPBB News

人として、生きる上で大切な観点を、教わったと思います。
こういう気持ちって、豊かな生活をしていると、そうでない場合に比べて、意識することが少ないような気がしています。

あとは、バイクをはじめとした、交通事故の恐ろしさも、意識するべきだなあと思いました。

参考:自家製呼吸器で息子の命支える中国の夫婦 - AFPBB News