日常のコミュニケーションを誠実に行う事がセラピストとして有るための重要な基礎になると改めて気がついた

はじめに

働き始めてはや、4ヶ月が経過しました。

4ヶ月を早いと感じる人も、そうでないと感じる方もおられると思いますが、自分は早いと感じました。

いろいろと感じる事がありすぎて、混乱する事もしばしばなのですが、だからこそ、最近思う事がありますので、それについて言葉にしてみたいと思います。

まとまりなく、長々と書いてますが、よろしければ、ご意見いただけると嬉しく思います。

やっぱり、「周囲」はとても大切

自分が働いている現場の話になってしまうので、一般化はできないかもしれませんが、現在自分が勉強している精神科および老年期作業療法のアプローチにおいては、「その人らしさ」というものをその人の今までの人生経験、人生の文脈でとらえています。

たとえば、作業療法の対象となるような患者様がいたとして、作業療法を提供するためには、情報を収集する事が欠かせません。それは、その人に関するさまざまな情報であり、現病歴、身長、体重、性別、家族構成、生育歴、学歴、職歴、生活歴、といったさまざまなストーリーがとても重要な情報になります。仕事や、家庭での生活の中で、その人が行ってきていた役割はいったいどのようなものがあるのかなどの情報をどんどん集めていきます。そして、そのようにして集めたバラバラの情報を一つ一つを線で結んでいって、その人はどんな人なのかについてのイメージを膨らませていきます。

この行程は、自分にとってはまだまだ「大変だなあ」に感じるものでありますが、同時にその人の主観にたち、寄り添うためにとても必要なことだなあと感じます。

集める情報は、ストーリーに関するものばかりではありません。具体的な関わりの中で、その人の現在できる事だったり、している事について着目します。

それは、その人はいま、どんな生活をしているのか、どんな場所でどんな事をしているのか、ある時間にはどのようなことをして過ごしているのか、といったそういう具体的なことを、まず知る事から始まります。そして、今どんな事をしているのか、から、これからどんな事ができそうかという事をある程度予想していきます。(もっとも、この予想は現実と異なることが少なくないのですが)

その次には、その人がこれからどのような事をしていく必要があるのかという必要性を具体的に検討し、その後、その必要性をみたすためにはどのような方法が現実的なのかを考えます。そして、それを実際に行ってみて、その結果を評価し、実施するというプロセスを繰り返します。

以上のようなことは、自分も座学で、学生時代に学んできた事ではありましたが、実際に業務を行いながら具体的な形で感覚に落とし込んでいくという事が、作業療法のプロフェッショナルであるOTRとして働く上で非常に重要だなあと思います。

で、上のように長々と書いて参りましたが、それと同じくらい、あるいはそれ以上に大切なんじゃないだろうかと、臨床で働くようになってから実感として感じ、おもうことがあります。

それが、患者さん本人の環境となる、周囲の人に関する情報です。

「人間として」の基本には他者との関わりがある

なにも、周囲の人の情報が大切だというのは、特別な事ではなく、むしろ当たり前の事だと思います。

自分自身について思い返したとき、自分自身を規定する物として、周囲の人間との関係性がとても重要な位置を占めるからです。

皆さんもそうではないでしょうか。

「あなたは何者か?」

という問いに対して、周囲の人間やその人との関わりというものは非常に重要な意味を持つのではないでしょうか。

それは、自分自身が生きる事や、そのために行うさまざまな活動が、ただ「生物としての生」を成り立たせるための行為であるという意味性を超えて、他の様々な物との関連性から、自分自身を位置づけ、意味を与えられるものになるために、周囲の人間とその自身との関わりが切っても切れない関係にあるからです。

言葉にすれば面倒ですが、現実はシンプルだと思います。

ある哲学者は、人間は様々な「役」を演じているにすぎないといいました。

母親としての自分、教育者としての自分、後輩としての自分、友人としての自分、子供としての自分…

ひとは様々な側面をもっており、その哲学者は人間のそうした側面を、劇における「役」にたとえたわけです。

そういった「役」は、しばしば、さまざまな人との関係性において、発生します。自然発生する事もあれば、人為的に形成されることもありますが、「役」にはそれが存在する事による何らかの意義が存在します。

そして、その意義は、それを必要とする人や、システムが存在する事によって保証されています。

逆を言えば、他者という存在がなければ、人は、親にも、教師にも、メンターにも、誰かの友人にも、成る事ができないということになります。

つまり、その人の人生が、その人個人を超えた意味性で価値づけられるためには、その周囲にからなず誰かが存在しなければなりません。その存在は、単に物理的に存在するというだけでなく、互いが互いを認識し合い、認め合っているという物である必要があると思います。

「人間として」生きるためにはこのような関連性が、必要不可分です

人と人を結びつける関連性

人は、様々な役割をもち、それにふさわしい行動をとりますし、またとる事が求められます。個々人間の様々な情報を正しく認識し、挨拶をしたり敬意を払ったり、共感したりといった態度が求められます。

この様式は、「推して知るべし」とて、言葉で教えてもらえる物でもありません。その場の状況や、相手の感情を、表情変化や様々な動作などから推察し、読み取り、その場にふさわしい言動をとる事が求められます。

つまり、感覚で学ぶ物で、具体的な関わりの中で経験を積み重ねながら、自分の中に蓄積していくものといえます。

関連性を構築するコミュニケーション

これらに関して、よく『「人間として」大切な事だよね』と職場の先輩方にフィードバックを頂くことがあります。

まさにその通りだと思います。

この関連性を形成するプロセスは、別段作業療法士に独特な物でもなんでもなく、社会的存在としての人間がだれしも日常的に行っていておかしくないものです。ですが、OTRが自分自身を治療的に使おうとするとき、あるいは、ある患者様をその人の周囲の人との人間関係という文脈からとらえようとするとき、このプロセスを普段の日常生活でどれだけ誠実に行っているかということが、大きく反映されるように思います。

いい作業療法を現実にするために

これは、ひろえもんが、実際に職場の先輩方の言動をみたり聞いたりする中であったり、ひろえもんが面白いとか、すごいと思ったOTRの方々の行動などを見ていて、ひしひしと感じる事です。

ひろえもんが「尊敬できるなあ」と思う作業療法士は、単純に作業療法学という文脈においても、すごいんですが、そのすごみの土台となる根本部分は、やっぱり人とどのような関わり方をしているのか、どんなことを意識して人との関わりを思っているのかというところに集約されるんだろうなと思います。

つまり、素敵な作業療法が提供したいのであれば、自分自身を人との関わりの中で具体的にどのように位置づけるのかという、そのリアルがとても大切になるという事だと思います。

そういう能力っていうのは、たとえば、挨拶ひとつにも現れていて、文字にしてしまえば同じ「おはようございます」でも、そういう人がする挨拶っていうのは、相手との関係性だったり関わりだったりから、口調、表情、体の動かし方といったさまざまな要素に意味性が付加され、表現されているものです。

こういった事が自然に、にじみ出るように行えると、きっと良い作業療法が提供できるのだと思います。できるように、日常生活から意識付けしないといかんなあと思う次第です。

おわりに

以上のようなことを最近よく思うのですが、他の人にわかりやすい言葉にできていない時点でまだまだだなあと思います。

でも、ニュアンスが伝われば、それで。

いろいろな関係性を、いい感じで構築するための努力を積み重ねる事が、就職後6ヶ月までの目標としたいとおもいます。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

先週の学会とそれに対する素直な感想

はじめに

OTRの皆さんはもちろんご存知かと思いますが、先週は、大阪にて、全国の作業療法学会がありました。

ひろえもんは、2日目からの参加でしたが、その感想を率直に書きたいと思います。

1日目から行けたら良かったのに

ひろえもんは仕事の都合上どうしても金曜日参加する事が難しく、二日目の土曜日からの参加となりました。

プログラムを見ると、心引かれる感じのプログラムが、1日目にはたくさんあり、正直残念に思いました。午後のナイトセミナーでのIPSの話は直感的に面白そうだなあと感じたのですが、その他あまり惹かれる感じがしませんでした。

とはいえ、同じ料金払ってるんだからどんどん見たりしないともったいないってことで、いろいろと、時間の許す限り見てみる事にしました。タイトルでピント来ていないだけで、内容は面白いかもしれないとおもって、とりあえず、自分の業務と関連が深そうな物について参加してみる事にしました。

やる気が出た

で、時間の許す限り、いろいろなブースを見て回ったのですが、非常に面白かったです。特に、やっぱりIPS。自分は、将来的に地域に出て就労支援がやりたい人間なので、ああいう感じの発表を聞くと、非常に燃えました。

自分が、自分の患者様に同じような事を提供するにはどのようなことが必要だろうかとか、いろいろと考えるきっかけになりました。

今、自分が関わっている領域で直接生きる部分ではないかもしれませんが、でも将来的に自分がこんな事をしてみたいという、そういう気持ちに成れたのはよかったかなあと思います。

出会い

同い年の苦労人と仲良くなる事ができました。その他、今の職場を退職されて、別の活躍の場を得て、活躍されているたくさんの先輩方に出会い、貴重なお話を聞かせていただいたり、自分の話を聞いていただく事ができました。

病院外でのつながりができた点は、やっぱり参加してよかったなあと思う一つの大きなポイントだと思います。苦労人の彼とは、連絡先も交換したので、今後もいろいろやり取りできたらなあと思います。

貴重な出会いに、本当に感謝です。

再会

そして、懐かしい人にも数名あう事ができました。とはいっても、最後にあってからまだ半年も経過していない訳ですが、しかし、普段の忙しさもあってか、ほんとうに久しぶりと言った感じがしました。

お互い元気な状態で会えるっていうのは、やっぱりいいもんだなあと思いました。

いろいろ勉強になった

自分が知らない事や、新しい考え方もたくさんありました。これらについては、すぐにでも患者様とかスタッフとかに還元できたらいいなあと思います。

人の思いが見えた、伝わった

教科書や論文などでは、伝わって来にくい、先輩セラピストの思いだったり、将来への展望だったり、「ああしたい」「こうなったらいいな」が、ビビットに伝わってきました。びびっと。

そして、自分自身も自分の思いで何かを成しその結果を、そんな風にだれかに、思いを伝える事ができる人間に成長したいと思いました。

やっぱり1日目から行けたら良かった

2日目で、自分が感じた以上に多くの物を得る事ができたこともあり、1日目からしっかりと参加してみたかったという思いを強く持ちました。

蛇足

来年の横浜は、がんばって全部参加できたらなあと思います。

有給でも、病欠でも、忌引きその他何でも駆使する所存です。(冗談です

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

難しいことを簡単に伝えられることも専門家の役割の一つだ


はじめに

専門家が読む本とか、消費する論文とかは、さも当然のごとく専門用語、テクニカルタームのオンパレードになります。

無駄に冗長になるのを防いだり、定義を厳密にすることによって、誤解を減らす事ができるなどのメリットがあるので、慣れれば、書く方も読む方もその方が楽というのが、最大の理由かと思います。

でも、専門用語をつかえば使うほど、浮世離れしてしまいます。内容がいくら、身近な事柄を扱っていたとしても、読み手が身近な問題として感じる事が難しくなってしまいます。

たとえば、興味を持った人がそれを知りたいと思ったときの門戸をせばめてしまいます。

たとえば作業療法学の場合

作業療法学も、抽象的な概念やイメージが作業療法の特性上権威付けとかいろんな理由から、専門用語がたっぷり出てきます。

正直、何度も読み直したり、別のテキストを開いたり、あるいは詳しい人に質問したりとかそういうことをしないと理解できないという事も少なくないです。

そんな、作業療法学のコンテンツを、一般の人にとってもっとも身近な言葉、日常生活で使われるような言葉を使って説明するのって難しいなあというのが、ひろえもんの実感です。

「簡単」に伝えることが重要な理由

パターナリズム的な医療が提供されていた時代や、科学者がとてもとても尊敬されていた時代においては、権威者や専門家が、消費者が「理解できたと感じる」ような説明をする必要はなく「なんとなくただしそうな」説明ができてれば、許されていました。

時代は変わりました。

いまや、科学への不振や、無理解が進んでいます。

別の言い方をすれば、科学はどんどん発展していきます。人間を置き去りにして。

それに伴っていろいろな問題が発生しています。とてもとても価値がある研究の意義がなかなか理解されなかったり、「よくわからないから」と敬遠されたり。

このままじゃ、科学の発展の未来は暗い訳で、そういみでヤバい訳です。

対策

問題解決に対する提案として、以下のような5つのわかりやすく伝える工夫があげられていましたのでご紹介です。

1)数値は直感的に理解してもらう
(1ナノメートルは「10のマイナス9乗メートル」と言うよりは「1ミリの1000分の1のさらに1000分の1」などと言う)。

2)身近なものに置き換えて説明する。
(大気圏の幅は「およそ100キロ」ではなく「地球がりんごの大きさだとすると、その皮ほどもない」などと言う)。

3)比喩(=例え)を適切に使う。

4)大事な概念や専門用語は、数を絞ったうえで丁寧に解説する。

5)分かりやすさと正確さをてんびんにかける。
(正確さを追求すると話が分からなくなってしまうなら思い切って単純にする)。

NHKニュースより

これらから言えるのは、「聞いている人」のことばで話す事。

つまり、「聞いている人」にとって身近なことばを使う事がポイントだとひろえもんは解釈しました。

わかりやすく伝えることは専門家の業務の一つ

専門的な事柄については、従来であれば、知りたい人が専門書や大学などで、自分で勉強してくださいというのが、専門家の基本的なスタンスでした。

が、先ほどでも述べたようにそのモデルが知識の偏りや、「わからない」と感じる人の不振を生む原因になってしまう問題が発生しています。

これを解決するには、もちろん、「わからない」と感じる側の人の努力も必要になると思いますが、それと同じかそれ以上に専門家に努力が求められる時代がくると思います。

自分の専門とする内容について説明することも、専門家の仕事の一つになるとおもいます。

作業療法も「わかる」説明を

作業療法学のテキストは、紙面の都合などによって、専門用語が多様され、理論などの内容においては抽象度が非常に高くなりがちだとおもいます。

しかし、それでは、一般の人にはなかなか作業療法について知ってもらう事は難しいのではないでしょうか。

ひろえもん個人の考えとしては、事例紹介などの論文は、もっと、作業療法についての知識が無い人がよんでもわかるような文章にするか、もしくは、論文を理解できるための補足などがあればいいのだろうなと思います。

作業療法は、クライエント、患者様との協業がとても重要になります。患者様に気持ちよくリハビリテーションに向かい合っていただくためには、「腑に落ちる」説明や、「わかる」具体例、あるいは具体的体験などが必要になると思います。

自分が患者様の立場に立ったときには、そのプログラムの意図がわかっている方が、具体的な目標を持って取り組む事ができますし、なにより、「理解できた」という感覚が、安心感に直結すると思います。

上に挙げた5つの項目のように、作業療法学においても、作業療法学を学んでいない人が、作業療法学を理解できるようなそういう要点をおさえた説明ができる必要があるなあとおもいます。

おわりに

ひろえもんも、親戚などに作業療法の説明をする事があるのですが、なかなかしっくりとくる説明ができないで四苦八苦しています。

理解してもらうためには、実体験してもらうのが一番だとおもいます。

しかし、それが難しいとき、言葉で説明することが必要になります。

作業療法学を学んだOTRとして、専門用語に頼らなくても作業療法について必要十分な説明ができるよう、自分自身を鍛えていく必要があると思いました。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

統計学の重要性がわかる本があるらしい。

この本ですね。

先日の

大学教授が執筆した統計学の教科書がタダで読める!!ネットで公開中

に引き続いて、また統計です。統計学です。

統計学って道具なんだと思っています。

つまり、道具なので、使わないと、うまくならないし、続けて使っていくうちに勝手も分かってきて扱いがうまくなるという、そんなイメージです。

ですが、やっぱり、目に見えるものではないので、その重要性が直感的にわかりづらいとおもいます。

各種検定のありがたさっていうのは、やっぱり使ってみないと実感できないものだなあと思います。

上記の本を読んで、統計学の重要性をもう一度直視してみるのもいいかも知れません。

書店で手に取るか、上記のリンクから買ってみるとかしてみてはいかがでしょう。

もし、書店まで行くのが面倒な場合はこんな書評もありましたので、ご参考にどうぞ。

[徳力]統計学が最強の学問である (西内啓)を読んで、あらためて統計や分析を学ぶことの重要性を再認識中です。

作業療法学においては、先日の記事でも述べたように統計学が重要になるので、しっかりコツコツ勉強しないといけないですね。

数式の出力が簡単にできるソフトがほしいが、全部高い…。

無料のあれもあるけど、あれはいくら世界標準だと言っても、なんかモチベーションががが。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

大学教授が執筆した統計学の教科書がタダで読める!!ネットで公開中

はじめに

作業療法学の研究において、統計学というのはなくてはならないものですね。

でも、結構、統計学ってよくわからないままにt検定使ったりしてませんか?

あるいは、計算式が良くわからないままデータをexcelに処理させたりだとかしてませんか?

そんな、昨日までの統計音痴な自分とさよならするために、ピッタリな教科書があります。

古典統計学の教科書

現在、京都女子大学現代社会学部教授の小波秀雄先生が執筆したした、統計学の基礎についての教科書がネット上で公開されています。

PDFですので、ダウンロードして、オフラインで利用することも可能ですよ!

内容的には、高校数学についての理解があれば、楽々理解ができる優れものです。

先生曰く文系向けだそうですよ。

ダウンロードはこちらから。

【小波の京女日記】(2013-03-12)

おわりに

教育分野で最近のもっともホットな話題といえば、間違いなく、MOOCですよね。

その一端と言ったら齟齬がありますが、まあ似たようなものだと思います。

個人的には、学習コストが下がるのはいいことだと思うので、どんどんやってもらいたいなと思う所存です。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

OTS(作業療法士見習い)としての自分の感覚が相当世間ずれしてきていることにいまさらながらに気が付かされた出来事について

3214197147_a36c631f71.jpg

はじめに

ネットの記事を流し読みしていたらですね。

こんな記事があったのですよ。

人の顔が覚えられない「相貌失認」について知ってください – NAVER まとめ

相貌失認については、詳しくは上記を見ていただくとして、結構、個人的には非常に衝撃的でした。

何が衝撃的だったかというと、自分が「相貌失認みんな知らないの?」っと、何気なく、何の気なしに、何も考えずに、そういう風に思ったことです。

つまり、自分の感覚と世間の常識がずれていることに、はたと気が付かされたわけです。

作業療法学にはマニアックな(世間一般が知らないような)知識が多い

それがきっかけで、作業療法士養成課程で今まで学んできたことを振り返って見ました。
すると、確かに、専門課程にて、勉強してきたことは、ここで勉強しなければ、きっと、一生知りえなかっただろうなと思うことが、非常にたくさんありました。
作業療法学の基礎となる部分についての、高次脳機能等に関する、専門的な知識って、あんまり、社会的に認知度が高くないんだなーと思いました。

個人的には、いま、特に、国家試験の勉強中ですので、そのせいで、感覚がより、世間一般からかい離しているような、そんな気がします。


世間的理解はあったほうが、よいと思う

何で、世間的理解を深めないといけないかというと、知らないと、やっぱり、助けようがないし、「奇妙だ」「変だ」となって、拒絶に行っちゃうことが多いと思うのです。

自分自身、実際、作業療法学の勉強する前と、した後とで、精神疾患や高次脳機能障害を持っている方を見た時の、その方へのとらえ方は、きっと大きく変化していると思います。
最も、実際に、社会でおみかけすることが無かったので、比べようがありませんが、でも、ひょっとすると、そうした症状が出ている人が社会の中で生活していたけれども、それに、気が付くことができていなかっただけかもしれません。

世間的な理解が進めば、「変だ」「奇妙だ」の先にある、「どんなところに困っているのだろう」「どんな支援が必要なのだろう」に行くことができると思うのです。

世間的な理解を深めるためには

どうしたらよいでしょうね。
社会的認知度が高まらない一つの理由として、目にする機会がないというものがあると思います。

つまり、社会でなかなか、高次脳機能障害を持った方と接する機会がないという現状があって、それが一つの理由となっているのではないかと思うのです。

これを、どうにかすることができれば、何か変わるかもしれません。

また、簡単に入手できる情報が少ないというのも、一つの原因だと思います。
たとえば、先ほども述べましたが、自分の場合、作業療法士養育過程において、教科書などで学ぶ機会が無ければ、きっと、高次脳機能障害や精神疾患についての知識を、体系的に持つことなどあり得なかったと思うのです。
ですから、より簡単にそう行った情報が手に入れられるように、情報入手のハードルを下げる試みをしていくことも一つの手段として重要だと思います。

たとえば、今回の冒頭で、ご紹介したように、情報をインターネット上に掲載するというのも、一つの有効な手段だと思います。
いまや、若い人だけではなく、全年齢が、インターネットに手を伸ばすことができる時代ですから。

おわりに

さて、乙武先生が、とあるつぶやきをされておられました。
そのつぶやきを引用して、記事を終わりたいと思います。

自分も、乙武先生がおっしゃっておられるような、「目に見えない障害」に対する理解にも、幾ばくかの貢献ができればと思います。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。