ない頭を絞って考える。(探索的研究編)

91541635_b16b8872ca.jpg

自分が、何のために何をしているのかを忘れて、淡々と作業していると、どんどん方向性が別のほうへ行っちゃうことがよくあり、大変よろしくないです。

きっと、卒業論文や、学会発表論文、あるいは、雑誌投稿などで、論文を発表しようとされている方は共感してくださると信じています。

自分の頭の中にあることを、文章化するむずかしさというのは、やってみないと本当にわからないものだと、嫌なほど感じております。
考えるだけでなく、考えたことを、すぐに書き留めておかないと、即時記憶の容量が本当に少ないので、自分が考えたアイディアでさえ、「なんだったけ?」となってしまいます。
思いつくことは、ポンポンと思いつくのですが、覚えておけないというのはかなりつらいなあと思う次第です。

つまり、ない頭で時間をかけてせっかく思いついたアイディアもきちんと記録にして、自分の記憶と関連付けられるような形にして残しておかないといけないということを強く学んでいる最中です。
見方を変えれば、自分が論文を書かなければならない強い動機にもなりえます。
論文を、備忘録替わりっていうのも、なんか変な感じがしますけれども。

話を戻しますが、保持が苦手な以上仕方ないので、ありとあらゆるメディアに頼りながら、見苦しくあがいて、できるところまで完成させられるよう、頑張ります。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。