選挙後に寄せて思うこと

はじめに

OTというフィールドがこれからどうなっていくかという、あてずっぽうな予測です。

民主党が政治の素人集団だということは、前回の選挙前から知っている人は、インターネットを通じて知っていたと思われます。
今でこそ、テレビの情報の信頼性が低いことは、多くの人に認識されてきていますが、前回の時にはテレビの情報をそのまま鵜呑みにする人が多かったように思います。

私の、周りの大人もテレビくらいしか情報源がなかったので、ある意味非常に偏った考え方のもとで投票を行っていました。

8091027271_74c95733bc.jpg

自民党を選択せざるを得ない現状

別に、私は特定の支持政党があるわけではないです。
が、この国が現在まわっているシステムが壊れると、それはすなわち、社会制度の崩壊につながり、社会制度の崩壊はセーフティネットをはじめとした救済制度の崩壊を意味するので、さすがにそれはまずいと思うのです。

だから、現状、少なくとも制度維持くらいはできるだろう自民党しか選択肢がないと思っています。

政権交代をしてから、自民党時代よりも景気が悪くなり、国の借金が増え、税収が減少傾向にあるのに、それに対して有効な手段を講じることができない民主党にはほとほとがっかりしました。

そもそも3年前、民主党が政権をとったのがすべての間違い

どう考えてもできるわけのないマニフェスト()を掲げ、国民をだまし、その結果日本の経済を停滞させた民主党の罪業は非常に大きなものがあります。

東北の復興支援も実は、そんなにやる気がないんじゃないかという気さえしました。
借金ばかり増えて、まったく復興は進んでいないように思います。
また、消費できる以上の金を被災地に落としているせいで、被災地の人々の生活習慣や価値観が大分変わってしまったという話も聞きます。

外交においても、金融政策においても諸外国から非常になめられていました。

そのことは、多少金融の知識をかじっていれば、野田総理大臣が衆院の解散を宣言した翌日の安部自民党総裁の発言に、市場が敏感に反応したことからも明らかです。
民主党が政権与党に居座っている限り、経済も財政も景気も悪いままだったでしょう。
そうなると、自民党がかじ取りをするよりもはるかに速いスピードで、この国のセーフティネットは崩壊したはずです。

民主党の何が悪かったのか

正直悪かったところしかないです。

まず、国民との約束をほとんど守れなかったこと。

子ども手当()

次に問題だったのは、問題が起こった時の対応能力がきわめて低かったこと。
経験者不足もあったと思いますが、それ以上に実務能力の低い人間が多かったことが問題です。

理念はいいこと言うんですが、それを具体的に実現するための政策が具体的に全く示されなかったのが、個人的には一番最悪だったのではと思います。

選挙結果と今後の予想について

自民党は、右だから危ないという人がいますが、当面は大丈夫でしょう。
しかし、自民党は決してロマンチストではないので、かなりいろいろなところがシビアになってくると思うのです。

社会保障費の財源が確保困難であれば、自民党は必ず額面を削ってきます。
民主党であれば、将来につけを回してでもなんとかしたかもしれませんが。

しかし、国のシステムを保全しないと、それを土台にしている他のさまざまなシステムが崩壊するので、これが最も堅実な政策でしょう。

自民党の行う景気対策がうまくいけば、財源は、税収で賄えるかも知れません。
けれども、どうあがいても、消費税増税は、そのうち確実に行うことになるでしょう。

医療費についても、何とか抑制する方向に進んでいくと思われるので、下手をすると点数が減ったりする可能性も大いにあり得あると思います。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。