iPS細胞を使用しての創薬を日本政府が後押しするようです。

はじめに

世の中は山中教授の思惑通りに動いているような気がします。

ソース

50難病、iPS使い新薬…国主導・産学連携で

政府は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトに乗り出した。

パーキンソン病など50以上の難病が対象で、2016年度までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。基礎研究から薬の実用化までをにらみ、企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、産学の連携で日本発の難病治療薬を送り出す構想だ。

(中略)

iPS細胞の技術を使うと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞を作り、生きたままの状態で増やすことができる。難病の研究に使えば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が、飛躍的に進むと期待される。

 おわりに

今後、標的細胞に対してのみ効果を発揮する薬剤の開発を行ったり、並行して病理の解明などを行うという視点においても、iPS細胞が非常に重要な役割を果たすことは間違いないですね。

倫理観が不断で求められるようになることも間違いないですね。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。