作業療法士の立場は、治すことではなく癒すこと

治らない病や怪我を生きる人が、前向きになれるように支援をする。

それが作業療法士のあり方や、役割です。

治すことや、治ることがベストであるという価値観にとらわれず、あるがままの中の選択肢から最善を目指し、どんな結果になっても、「それでいい」と肯定する。

「今度はどんなことをしよう?」

「今度はこんなことがしたい」

という思いを引き出して、実行につなげる。

生きる力と生きがいにつなげる。

で、問題は果たしてこれは医療なのかということ。

医療とはなにか。

どの範囲までが医療なのか。

医療であるかどうかが問題になるのは、例えば保険がつかえるかどうかの問題が関わってきますね。

ここについては、胸を張って先人の方々の過去の実績から「医療である」と言い切れるのですが、その辺についてはまた詳しく書いていきたいと思います。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。