赤ちゃんも本当はあなたの事を良く知りたいとおもっている!?顔見知りは心の葛藤であるとする研究結果

はじめに

あかちゃんは、生後数ヶ月で、特定の人間と違う人間が近づいたときに、泣くという反応をみせることがあり、これは俗に、「人見知り」とよばれる現象です。

3937338098_8f808c0355.jpg

あかちゃんが、人の顔の違いを識別できるようになったという意味で成長の証としても解釈されますね。

そんな人見知りは、赤ちゃんの「心の葛藤」の現れでは無いかという論がありましたので紹介。

研究について

研究をしたのは、東京大学大学院総合文化研究科の岡ノ谷一夫教授や同志社大学の松田佳尚特任准教授ら。

人見知りと言う反応には、「恐怖」だけでなく、近づきたいとう「興味・関心」も同時に含まれているということが明らかになったそうです。

ソース

研究グループは、生後7-12カ月の赤ちゃん57人の母親に、赤ちゃんのもって生まれた気質についてアンケートし、「人見知り」度合いと、相手への「接近」と「怖がり」の2つの気質の関係を調べた。その結果、人見知りが強い赤ちゃんは、「接近」と「怖がり」の両方の気質が強く、「近づきたいけど怖い」という心の葛藤を持ちやすいことが推察された。

また、赤ちゃんに母親と他人の顔の映像を見せ、口、鼻、目のどこを長く見ているかを視線追跡装置で観察した。人見知りが強い赤ちゃんは、弱い赤ちゃんよりも、母親、他人にかかわらず、最初に相手と目が合ったときに「目」を長く見つめ、凝視するような目を示した。さらに人見知りが強い赤ちゃんは、相手が自分と向き合った顔よりも、よそ見をしている顔を長く観察していることが分かった。

赤ちゃんの”人見知り”は心の葛藤だった ー まいナビニュース

おもったこと

泣いている赤ちゃんをみると、どうしても「嫌なのかな?」と思ってしまいがちですが、実はそれだけではなく、相手に近づいてみたいとも思っていたという事がわかったのは、個人的に良かったなあと思います。

なんでかというと、人見知りをされたから離れた方が言いという訳では決して無いという事がわかったからです。赤ちゃんはこちらに興味を持ってくれているので、いかにしてその興味関心を充足させ、次のコミュニケーションステージへとつなげていくのかという事が大切になるのではないかと思います。

また、いっけん単純に見えるあかちゃんの行動にも、いろいろな感情や、脳での情報処理があるのだと言う事が明らかにされたという意味で意義深いなと思いました。

おわりに

小さい子供の教育に関しては、昔では経験則でしか対応ができなかったけれども、こういった学術的視点をもとにしたアプローチができるというのは、本当に面白いと思います。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

先輩OTから聞いた論文を書いておくべき3つの理由

はじめに

作業療法士は論文を書きます。

とある先輩がなぜ論文を書くべきかについて語ってくださったのですが、そうだなあと思ったので紹介します。

主に症例報告を想定した内容でしたが、その他の論文でも役に立つことかなと思います。

論文を書くべき理由について

自分自身が情報を整理できる

自分の体験や経験を言語化することによって、どんなことが起こっていたのかを客観的にみることができる。

また、さまざまなモデルと比較したり、いろいろな要素に分割したりと考えるきっかけになり、そこから新たな学びが始まる。

後々思い出しやすい

自分がやってきたことを記述するので、外部記憶として論文が利用できる。

人に話したりするときにも使える

論文が対象とした事柄について、話すことが必要となるような場面において論文に書いたことがそのまま流用できることがある。

また、文字化して他人と共有することが、新しいつながりを作るきっかけとなる。

おわりに

いかがでしたでしょう。

論文は、どのレベルのものでもかまわないから、2年目までにとりあえず何か1本書くことを目標にするといいんじゃないかというアドバイスもくださいました。

いろいろなメリットが実感できましたが、特に、自分が何かをしたことの証となるという点が重要なのかなと思いました。

論文書いていきたいです。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

日々の気づきを文字化することの大変さについて

はじめに

実習中も感じていたことですが、振り返りが自分の成長により顕著に結びつくようになって思います。

自分には文才がないようです。

あとは、無いなりにどのように工夫するかという話です。

文章化とは

表現の対象を、文字情報にすること。

外部出力して、保存ができるので、共有したり、後で活用したりできる。

目的

自己理解を促すと同時に、他者からの批評、批判、フィードバックをもらい、自分の成長につなげること。

また、他者がみたときに、その人にとって何らかの役に立つこと。

文章化にて意識していること

他の人と共有できる内容になっているかどうかということ

自分自身が後で振り返ってみることができるような形式で書いているかどうかということ

の二点。

最近気になっていること

書きすぎないこと。

要点をまとめて端的に伝えられるようにまず、自分の頭を整理しておくこと。

そうすることによって、人に自分の考えをスムーズに伝えることができる。

同時に、自分自身も後で振り返ったときにそのときに考えていた内容を追いかけやすいという気がする。

大変なところ

最近記憶力が低下しており、自分が体験したことを思い出すのがとてもとても大変なこと。

同時に、自分がイメージしていることを、まさに、ジャストに伝えられるような、ニュアンスをできる限り正確にとらえているような表現をすることが難しい。

対策と方針

とにかく書いて書いて、量を書く。

書いてみて、自分で読みやすいと思ったものについて、他の人に呼んでもらって批評をもらう。

その批評をもとに改善するべきポイントについて考える。

いわゆる試行錯誤が、一番早道な気がしております。

あとは、淡々と、語彙力を増やすための勉強を重ねていくこと。

まとめ

自分がしていることが他人に伝わるように書くだけでなく、自分自身が後で呼んだとき、自分の成長につながるような内容にすることが大切なんだと思います。

おわりに

作業療法士にとっては、文章化という作業はさけて通ることのできないものだと思います。

リハビリテーションの臨床家、実践家であると同時に、常に作業療法学というものを学びつつ、それらを踏まえて自分の体験を他の人に伝える必要があるからです。

とは言っても、いきなりいい文章が書けるようにはなりませんし、徐々に改善してくつもりです。

いずれは、論文とか書く心づもりですし。

最終目標は、芥川龍之介先生あたりです。

まあ、今後もぼちぼち更新します。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

普段特に意識することのない、検索というプロセスのその次にある、調べ物能力の重要性について

本当は、こんな更新している場合じゃないというほど、尻に火がついております。
文章を書いていると、時間がすぎるのがあっという間すぎて恐ろしいです。

気づいたら、夜が明けてるとか、あります。普通に。
自分で、びっくりして、寝ないとまずいと思って、仮眠をとる生活リズムの崩壊した、作業バランスも逝っちゃってる最近の日常です。

でも、思いついた時に書いておかないと、きっと忘れちゃうので、さらっと書きます。

というわけで、余計な話はここまでにして、本題!!
自分が知りたい情報について、いろいろと調べる機会が最近とみに増えております。

5133538450_0bb0dd344b.jpg

ところが、一つ重要な問題がありまして、なかなか自分が本当に知りたい情報までたどり着くことができないのです。
たとえ、知りたい情報がそこに書かれていたとしても、信頼性にかける等の理由で使用ができないなんてことも良くあって、自分が知りたい情報まで自分が能動的に動いてたどり着くということは何と難しいことなのかと、本当にひしひしと肌身で感じています。

そんな中で、やっぱり、情報をきっちり入手できるというのは、それだけで非常に大きなアドバンテージなんだな、と、自分の体験を通して感じました。
インターネットがあるおかげで、論文の存在はわりともれなく楽に検索できるのですが、それでもやっぱり情報として上がってこないものがあったり、手続きを踏んで図書館で取り寄せたりしないといけなかったりで、やっぱり、検索のその先にあるノウハウをどれだけ身につけているのかって、本当に大切なんだなあと、思い知らされました。

ひと段落ついたら、今の苦労と成功体験のそんなこんなをまとめた報告書を書いてみたいと思います。

このあたりで、失礼します。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。