それは、とっても作業療法だなって

2012y12m10d_172236174.jpg
(写真と本文は何の関係もございません。受け狙いです。以下の文章は至って真面目です。本当に。)

「認知症のお師匠さん」

というタイトルで紹介されていたのですが、かいつまんで紹介したいと思います。
ちなみに作業療法士がかかわっているのかどうかはよくわかりませんが、やってることはまさに作業療法そのものだと思います。

さて。
認知症の88才の女性なのですが、現在自宅での生活が困難となっており、施設での生活を送っています。
しかし、週に2回、現在も踊りの教室を開くために自宅に帰っておられるそうです。
実は、この方は、20年来、舞踊の先生として活躍してこられたという経歴をお持ちの方です。

なんと、現在でも200以上の楽曲の踊りを覚えておられるそうです。
実は自分が認知症だと分かった時、この方は、教え子たちに「もう踊りはやめたい」と漏らしたそうです。
しかし、教え子たちは泉さんが踊りをやめたら、認知症の症状が進むのではないかと心配し、続けて欲しいと頼んだとのこと。
この教え子の方たちも、なんだかんだ言って、結構ご高齢だったりして、なんと60代から80代。
みなさん元気です。

この紹介を見ていて、「作業療法ってこうだよね」と思いました。

人、場、文化、ありとあらゆる要素を含んでいて、作業療法の実例の教科書に乗っけるべきなんじゃないかとさえ思いました。

この事例に関して、さらに詳しい情報が知りたい方はこちらから。
http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/500/131650.html#more

認知症の方の喪失感や、生き甲斐の創出って、本当に難しいことだと思うので、病前からの積み上げというか、そういった分野に対する何かしらの啓発が必要なのではないかと、こういった事例に触れるにつけ非常に強く思います。

認知症を発症された方を本当の意味で支えるのは、こうした長年積み重ねた人と人とのつながりなのだということです。
普段、人とのつながりがないことなどを、つい社会のせいにしてしまいがちですが、人とのつながりは本当に大切にしないといけないなと、自戒を込めて強く思いました。
やはり、人は自分を支えてくれる誰かがいるから、生きていけるのだと思います。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

“それは、とっても作業療法だなって” への2件の返信

  1. はじめまして。
    お知恵を貸して頂けないでしょうか・・・?
    この女性の場合は、人に踊りを教えるなど、人々と(複数の人間で)何か活動することを、お若いころから好まれるお方の様に見受けられます。
    ところで、例えば、そのお方が元々好むことが、一人で静かに本や新聞を読むことであったり、一人でのんびりと写真撮影、ピアノ弾き、畑仕事、詩を書くなど、必ずしも誰かとつながって何かをすることが好みとは限らず、一人での自立的な活動を好まれるタイプのお方ならば、施設でどんな風に支えたら良いと思われますか。
    その様な方々にとっては、やはり、一人静かに活動させてあげることが作業療法となるでしょうか。
    施設側としては、そっと様子を見守ってあげつつ時折言葉を掛けてあげる様なスタンスで居るのが、合うと思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。