とある新人作業療法士(Occupational Therapist:OT)の卒業から就職までの流れと、就職後一週間の概要

  • はじめに

おはようございます。

現在朝の4時から5時あたりです。

簡単にではありますが、学校を卒業して、就職して今に至るまでを振り返ってみたいとおもいます。

卒業から就職までにやったこと

就職に向けての準備と遊びとが半々程度でした。

あとは、作業療法士免許申請のために必要になる健康診断を受けにいったりとか。

ちなみに、引っ越し関連が一番大変でした。

早めに、ものはどんどん捨てておくべきだなあと思いました。

就職後

仕事は4月1日からでした。

民間の病院だったので、入社式がありました。

病院全体での新人研修があり、それに参加したりなど。

あとは、作業療法の職場の一日の流れや、一週間の流れ、大まかな業務内容を実際に体験してみて把握するといった感じでした。

慣らしの一週間として、多めにみていただいていたので、あまり高度なことは要求されませんでした。

実習中とかを思い出しながら、動いているうちに一週間がおわりました。

問題点

緊張し過ぎで、ガチガチに。

あまりにひどいのを見かねて、主任の方が個別指導してくださいました笑。

そのおかげもあり、一週間の最終日には大分緊張が和らいでいたように思います。

あと、朝が不安なので、なれるまでは、実習のときみたいに、やたら早くおきることにしました。

(その分、早く寝ています。)

おわりに

さっくりとかいてみました。

大体、こんな感じです。

ほかの新人OTさんは、どんな感じなのでしょうか。

結構、気になりますので、同期の方は、よかったらコメント欄にでも、何か書いていただけるとうれしいです。

また、もっと詳しく知りたいことがあれば、それについてでもかまいませんよ。

ところで、後輩君たちは、今日から長期実習だそうなでございます。

うちの病院にも、何人かいらっしゃるようです。

彼らに、「ダサい」と思われることのないよう、等身大でがんばりたいなと思います。

「いいな!」と思ったら、シェアをお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。